<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

東京タワーと桜

d0005157_12452561.jpg

ジャーン!!とそびえ立つ東京のシンボル、東京タワー。

昨日東京下町に現在作られているスカイツリーに、日本一の高さを奪われてしまったちょっぴり寂しい感じもある東京タワー。
d0005157_12483213.jpg
遠くにライバル発見!

それでも展望台行きのエレベーターは30分以上待ち。
私は双子のおいっ子二人を引き連れ、階段で展望台まで。
この子たちにとっては東京タワーに近づくのも上るのも触るのも初めて。
春休みのいい思いでになったことでしょう。
d0005157_12521791.jpg
落ちないと分かっていてもかなーり怖い。下が丸見え。



増上寺の桜が綺麗でした。
d0005157_12593881.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-30 12:44 | +tokyo散歩

おっきい・・・・。

d0005157_1619283.jpg


最近お気に入りの亀井堂のクリームパン。中にはどっぷりとつまったクリームが!パンを通り越してケーキのようなボリューム。


d0005157_16193085.jpg


DE CECCOの巨大パスタ。
1袋5㎏。2袋で送料無料ということで、合計10kgになってしまいました。
yukicon家、いったいいつ食べ終わることでしょう。
パスタ消費量が多いから心配ないって!?
[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-28 16:24 | +diary

花に囲まれて。

ガーデニングの仕事をしている中学時代からの悪友に誘われ、幕張メッセに”日本フラワーショー&ガーデンショー”見学へ。

会場へ入った瞬間、バラのいい香りが広がっていました。
バラの新種の紹介、それぞれのブースでは講座などが開催されていたりと、最新のガーデニング&フラワーについて学べます。

私はド素人なので詳しいことは分からないけど、友達はかなり興奮気味。
花の種類や名前がたくさんあって、全然わかりませーん。
でも香りを嗅ぐだけでも、寄せ植えの鉢を見るだけでも、緑の中にいるだけで気持ちいいね!

今年はチューリップの球根を植えるの忘れちゃって、、、ゴーヤちゃんをまた育てる為に土の再生方法を考えねば、、と春が近づくにつれて、そんなことを考える季節がやってきたと思う今日この頃です。
d0005157_16153780.jpg


d0005157_1616356.jpg


[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-28 16:16 | +gardening

アジアの香り

アジア旅行のお土産がいっぱい!

豪華客船”飛鳥Ⅱ”のアジアクルーズの旅。
飛鳥Ⅱは横浜港後、1/31に神戸港を出航。

神戸ー香港ーハロン湾ーホーチミンーレムチャバンーシンガポールーポートケランーバリーダーウィンーパラオー横浜

3/8に戻るというアジア+オーストラリア、パラオの大航海!

旅から戻ったoneichanから、たくさんのお土産が♪♪

素敵な贈り物にちょっと私もアジアを旅した気分。
旅の最中、今oneichanはどこらへんかな〜なんてスケジュールをチェック。
きっと素敵な思い出が出来たことでしょう。

ゆっくりと旅の思い出話を聞かせて下さいね。。。

d0005157_1644110.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-28 16:04 | +diary
今日は一日中雨。
さむいさむい一日でした。
そんな日は心温まるこの子たちに会いに行きましょう。
d0005157_18271871.jpg



d0005157_18285626.jpg



d0005157_15485340.jpg


この日は松坂屋銀座店でペコちゃんにも出会いました。
[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-24 18:29 | +diary
yukicon家、車がないので一泊だと電車で行きやすいところになってしまいます。
そうなると、、、伊豆、箱根、、、前回は箱根だったから、今回は伊豆の伊東にしようということになりました。

宿泊券があるハーベストに予約電話をするけど、週末はいつも満室。
この週末は実に20人待ち!!
さすがに無理かなーと思っていたけれど、空きが出たと連絡。
結構いけるじゃん。ただし、喫煙室&洋室。
残念って言えば残念なんだけど、行けるだけいいや。
d0005157_824186.jpg



週末は天気が良かったので、私は早めに出発。
午前中は社宅の掃除当番だったけどおさぼりです。(来月やりますので・・・。)
ダンナさんは土曜日は旅行以外に目一杯予定が詰まっているようなので、今回もまた行きは一人旅。

多分おそらく初めて乗る踊り子号。ドキドキ&ワクワク♪
普通電車で行こうと思っていたけど、強風のため小田原ー熱海間の運転を見合わせなんて放送があったから、急遽変更です。
電車が動いていないから仕方ないから踊り子に乗ったんですけど・・・・、と車掌さんに告げるが、特急代金をサービスしてくれることはなかったのだ。当たり前か。

あっという間に伊東に到着。
温泉町らしいちょっとさびれた感がいいね。
伊東と言えば干物。お土産探しに商店街をウロウロ〜。

お昼はお寿司。地魚の握りを注文。一人で食べるお寿司はちょっと緊張です。
お寿司は美味しかったけど、お店の感じがあまり良くなかったのが残念。
d0005157_749291.jpg


d0005157_7523281.jpg


湯の花通りのお湯掛け七福神。スタンプラリーになっています。最初は集めていたけど、面倒になって途中でやめました。

d0005157_7524983.jpg


歴史ある伊東温泉の旅館”東海館”昭和3年創業。平成9年に幕を閉じ、平成13年に伊東温泉の文化施設に生まれ変わりました。現在は資料館、喫茶店として利用が出来、さらに温泉に入ることもできます。館内の様子や資料からどれだけこの温泉宿が元気だったか知ることが出来、当時の職人達が腕を振るった素晴らしい和風建築を見ることが出来ます。
d0005157_753457.jpg

 
d0005157_85537.jpg


d0005157_854084.jpg


d0005157_7532123.jpg


静かな海。時々釣り人がいる程度です。

d0005157_8115133.jpg


夜は金目鯛の煮付けをメインに海の幸を食べまくりました!どれも本当に美味しかった♪
楽味家まるげん。地元の人が多い居酒屋さんという感じ。店内は大賑わい。

d0005157_8132714.jpg


d0005157_8134172.jpg


海岸沿いにある”網元はるひら丸”でのお昼ご飯。
漁師料理のあじのまご茶定食と巨大海老フライ定食。こういうの食べたかったんだよねー。
ボリュームもあって美味しい美味しい。

プールで泳いで温泉に浸かって美味しい物食べて、これぞTHE温泉って感じの旅でした。
帰りは踊り子号指定席が売り切れで、仕方がないので奮発してグリーン車。
グリーン車って高いのね。

おしまい。
[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-24 08:28 | +travel

アロマのお勉強

花粉の飛ぶ季節だけでなく、仕事がらワン子たちや猫ちゃん達の毛などのダスト等を吸い込んでしまうことの多いyukiconですが、、、

先日初めて耳鼻咽喉科の門をたたくことになりまして(この時はのどの痛みのため)、アレルギー性鼻炎&アレルギー性中咽頭炎なんていう立派な病名をつけられてしまいました(泣)

きっとそうなんだろうなーって思っていたけど、実際診断されるとちょっとショック↓

そんな時ちょうどアロマのお勉強をする機会がありました。

"初めてのアロマセラピーと~~花粉症対策~~"
ということでエッセンシャルオイルについて、オイルの抽出方法、アロマの歴史、活用方法などを学び、その後ルームフレッシャーを実際に作りました。

花粉症に効果があるのは、
ユーカリ、ペパーミント、ティートゥリー、カモミールブルー など。

アロマディフューザーでミストを拡散させたり、アロマポット利用したり、洗面器等にお湯を張って蒸気を吸ったり。
直接肌に塗付や飲用はしてはいけません!
高血圧や妊娠中の方はダメなオイルもあるので、きちんと確認することが重要です。

外出時はそれが出来ないので、私はハンカチやマスクの後ろ側に直接ユーカリを1滴ほどたらして対応したりしています。
お鼻の通りがすーっと良くなって、気分も爽快です。

アロマディフューザーを持っていなかったので、お部屋用に先日購入!
お部屋全体に香りが広がって効果的です。

ルームフレグランスは朝、目覚めと共に元気が出るようなのを作りたい!とリクエストをしました。
オイルは、マンダリンとベルガモットの柑橘系を選びました。
実際に香りを確かめながら、自分の好みのオイルを選べるのが楽しいし嬉しいね。

作り方:無水エタノール5ml 精製水25ml 精油10滴(マンダリン7 ベルガモット3の割合)で作りました。
d0005157_11502864.jpg


d0005157_11545685.jpg


こんなたくさのオイルがあるのでどれにしようか迷ってしまうけれど、それぞれの効果効用を知って、好みの香りを探すということ。

アロマについて学んだ後は、ヘッドマッサージ&フェイシャルをしてもらいました。
ご自宅に専用のマッサージベッドもあり、心地良い音楽を聞きながらマッサージです。
サンダルウッドのオイルを使用しました。
オイルがどんどん肌に吸収されていたとのこと、、、どんだけ乾燥しているの!?
背中の結構強めのマッサージがめっちゃ気持ち良かった〜。
マッサージをすることで血行が良くなり、オイルの有効成分が浸透して治癒力を高めるとこのこと。

今回お世話になったruchikaさん。
アロマのもっと詳しい情報は、、、こちらまで。

アロマの小箱
[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-23 12:16 | +diary

8日目 帰国

1/23
チュニスの空港からローマを経由して 翌日の24日に成田に到着。

今回利用した航空会社はひどかった・・・。
行きに観た映画、最後の15分ということろで突然終了。
早送りをしてその場面へ飛んだがやはり同じところで終了。

帰り、同じ映画の最後が観たかった為、早送りで同じことを繰り返すが、やはり同じところで突然終了。
こりゃダメだ。

隣りのダンナの席のイヤホンは壊れているし、前の席のリクライニングは通常位置に戻らないし(CAにその人は何度も離着陸時注意をされていた)。
食事もまずかった。

機内でのこういった不都合は慣れているし仕方ない。チケット代も安いし。
ただ安全面だけ気をつけてくれれば。

飛行機の不満はあったものの、チュニジア旅行は想像以上に楽しかったし、どこへ行っても新鮮だった。
一週間の旅だったので、何も偉そうにチュニジアについて語れないが、空気が私に合っていた。

ひとつだけ残念だったのは、ラクダに乗れなかったことかな。
d0005157_1842918.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-10 18:04 | +travel

7日目 チュニスは都会

1/23

田舎を旅したきた為か、チュニスは大都会だと感じる。

ケロアンからバスでチュニスに到着したのがお昼過ぎ。
バス乗り場からメディナを目指して歩いたが、通った道が実は地元の人で大賑わいの市場だったようだ。
荷物を背負っていたので、ゆっくりと店の見学は出来なかったが、素通りするだけでも楽しい。
d0005157_17111530.jpg


d0005157_17303596.jpg


そんなチュニスの人混みの洗礼を受け、市場から脱出。
その後知らず知らずのうちにメディナに迷い込んでしまった。
さらに観光客も加わり、人でごった返す。
ホテルがあるフランス通りに辿り着いた頃には、ほとんど旧市街を廻ってしまったくらいだ。

チュニスには一泊しかしないので、これから休む間もなく外へ繰り出す。
もう一度メディナへ入り、人混みへ紛れ込む。人がいない裏道もまた楽しい。
物の多さとそこで働く人達が元気いっぱい。
生きてるって感じがする。活気に溢れている。
ここでも女学生の集団に囲まれた。
ちょっと座っているだけで、ワイワイと集まってくる。
その中で英語が出来る子が話しかけてくる。
みんなそれを聞いて楽しそうにしている。
微笑ましい光景に、私たちも楽しくなる。
d0005157_17254954.jpg


d0005157_17271877.jpg


d0005157_17273275.jpg


d0005157_17275089.jpg



メディナの中で見る事が出来る、美しい色の扉。
d0005157_1728335.jpg


d0005157_1728456.jpg


d0005157_17285721.jpg


d0005157_1729991.jpg


d0005157_17292219.jpg



夕食はBolero(ボレロ)へ。
お店の雰囲気も庶民的な感じが良かったし、料理もすっごく美味しかった。
この旅で一番美味しい食事だったかもしれない。
d0005157_17413245.jpg


[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-10 17:41 | +travel

6日目 長い1日

1/21

朝食をとる前に、ホテルのフロントでルアージュでRedeyef(ラディエフ)に行きたいと話したところ、ちょうど夜勤のその人がこれから8時過ぎのルアージュで家に帰るという。

運が良かった。

朝食を急いで食べて、荷造り済みの荷物を背負ってホテル前で彼を待つ。
15分くらいすると、通勤で使っていると思われるルアージュが到着。
私たちが乗ったらほぼ満席。
窓際に座れたので車窓を楽しむ。

1時間もしないでラディエフに到着。
すると彼が、是非我が家に遊びに来ないか、と。
今日の移動はこれから長いけど、まだ早い時間だし、考えるよりも前にダンナの方が行く気になっていた。そんなことでお邪魔することに。
奥さんが病院で看護士をしているというので、まずは仕事中の彼女へご挨拶。
それからお家へ行った。

すぐにお茶とお菓子が出てきてのおもてなし。日本人的。
その後、自分の息子?娘?(最後まで女の子か男の子が分からなかった)を連れてきて、一緒に遊ぶ。
それから彼らの結婚式の写真を拝見。チュニジアの結婚式がどんなものか聞いたりした。
仕事明けで疲れているところ長居をしては申し訳ないので、30分程でサヨナラした。
最後に彼の家に飾られていたチュニジアで採取出来る鉱物の写真とバラの花を一輪記念にもらい、ルアージュ乗り場まで送ってもらった。
d0005157_16153772.jpg



今度はGafsa(ガフサ)という街へ行く。
ちょうどあと二人待ちしているルアージュがいた。
これまたタイミングが良かった。

私は助手席に、ダンナは後ろの空いている席に座るよう言われた。

満席のルアージュは結構キツい。
道路も相変わらずのガタガタ道だし、、、
そうなると何が起こるか私にも予想がつく。

30分程しか走っていないのに犠牲者が・・・。
ビニール配布が間に合わず、残念な結果に。
以後、その人は4−5回車を止めることになった。
舌打ちをするドライバーを横目に、窓を開けて空気の入れ替えしか出来ない私だった。

それよりかわいそうなのは、うちのダンナ。
聞くと、隣りに座っていたとのこと。内心、私じゃなくって良かった。

ガフサはチュニジアを南北に分けるちょうど中間に位置する町。
ここでルアージュを降り、今度は長距離バスに乗り換え、今日の目的地Kairouan(ケロアン)へ。
このバスで約3時間かかる。

バス乗り場は分かったものの、どのバスに乗ればいいのか全く分からない!
係の人に聞いてもこれまた人によって違う。
こうなると到着するバスを一つ一つ確認するのが一番いい。

30分もするとそれらしきバスが到着。
やっぱりそれだった。
座席のクッションは外れるし、車内はゴミで汚れているし、空調は効いていないし、満席だし、、、唯一二人並びで座れる最後部の席はとれたが。
こんな状態なので気分は最悪。
何があるか分からないので、水、ビニール、トイレットペーパーはすぐに取り出せるようにしておいた。

車に揺られること3時間。
無事にケロアンに到着。

バス乗り場から歩いて20分ほどでメディナへ。
今晩はメディナの中にあるカスバ(アラビア語で城塞の意味)をホテルにしたという、Hotel La Kasbah に宿泊。プールはあるがこの時期は泳げない。
d0005157_16494048.jpg


d0005157_16504979.jpg



ケロアンにはアフリカ最古のグランドモスクがある。
入り口を入ると中庭があり、一面大理石。その中央には雨水を貯めてろ過する設備がある。
礼拝所には一面絨毯が敷き詰められている。異教徒は立ち入り禁止。
d0005157_1651257.jpg


d0005157_16554228.jpg


d0005157_16575541.jpg



メディナも歩いてみたが、夕暮れ時だったのでほとんどのお店は閉店。
静かなメディナはちょっと怖い。猫は可愛い。
d0005157_16572316.jpg


[PR]
by yukicon-nyc | 2010-03-10 16:59 | +travel

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc