<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

☆お知らせ☆

ヨーロッパ旅行記をupしました。
どうぞお楽しみ下さーい!
カテゴリの+travelから入ってネ☆
[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-26 01:20 | +diary

kee's Chocolates

SOHOの外れにあって、小さな店舗を構えるココはチョコレート屋さん、Kee's Chocolates
キーさんが毎日手作りしているチョコレート。
試しに5個かってみました。(一個$1.75です)

d0005157_12491111.jpgBlack Sesame
Cappuccino
Coconut
Green Tea
Blood Orange


どこれもこれも本当に美味しかった☆
試してみて~。
[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-21 19:44 | +new york

とうもろこし

Cafe HabanaのGrilled Corn Mexican Style
丸ごと焼かれたコーンにバターを塗り、その上から粉チーズ&チリパウダーをたっぷりかけて食べるんです。

お口の周りはグチョグチョになってしまうのを覚悟し、一気にがぶりつきましょう!
最高に美味しいのだぁ。

ライムも添えてあるのでお好みでどうぞ。

※カールのチーズ味にそっくりでした(笑)

d0005157_10243249.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-21 10:15 | +new york

奇跡の復活!

雪が降った日、いつもどおりカバンにおにぎりとお水をを詰め込んで、お仕事へ出かけました。

外は雪というよりみぞれっぽい感じでした。

傘を持たなかったので、ダウンコートもカバンも濡れちゃいました。

地下鉄構内は外よりも暖かく、車内も暖かく、濡れてしまったコートもカバンも乾くかな。

数分後、カバンに入っていた新聞を取り出すと、予想以上に新聞が濡れています。
結構濡れちゃったんだぁ。

数分後・・・・

私のコートを伝って水がこぼれ落ちていることに気がつきました。

???

普通の濡れ方じゃない。。。

冷汗・・・

恐る恐るカバンの中を開ける・・・・と、

カバンの中が水で1/4ほど浸かってました。

真っ先にやばいって思ったのが、

デジカメ!

私の気持ちとは反対に、デジカメすでに水没済み

悲しくもデジカメ水に浮かぶの巻き。

ハンカチ、タオルを持っているはずもなく、手袋をタオル変わりに丁寧に水をふき取りました。

神様お願い、壊れていませんように。

このデジカメ、使い始めて3年ほど。
ここで寿命を迎えてしまうのでしょうか・・・。

仕事場についてから、普段犬を乾かすドライヤーでガーッと一気に乾燥。
でもその日は復活しませんでした。

翌日、恐る恐る電源を入れると、、


私のデジカメ見事に復活!


前回同様、とにかく乾かしたおかげで今回も見事に復活したのであります。
ちなみに前回は川に落としました^^;

今では中身も水でキレイに洗われ、以前よりもいい感じに動いている気が!

ペットボトルの水750mlがすべてこぼれてしまったようです。
しかし、今だにキャップが見つからず。

私はキャップを閉めていなかったのでしょうか?


今だに原因は不明です。
[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-19 09:59 | +diary

先生のパフォーマンス

シンシアとジェイソンのパフォーマンスです。
今回は先生が披露してくれました。
やっぱり迫力が違います。

d0005157_901952.jpg


d0005157_137432.jpg


動画←見てちょっ☆
[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-18 19:58 | +salsa

最後の雪かな。

この冬はもう雪が見られないのでは、、、と思っていたら、降ったよ、雪!

ブルックリンの街角より。

d0005157_8475145.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-16 20:41 | +diary

チョコピザ


MAX BRENNER chocolate


チョコピザ最高!
ホールでいけちゃうよ。

d0005157_8534446.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-13 17:59 | +new york
ブダペスト

ドナウの真珠、ドナウの薔薇などと例えられるほど美しいと言われる町、ブダプスト。
ハンガリーの首都、そして私たちが今回の旅を終える場所でもあります。

見所、美しい場所が本当にたくさんあって、写真だけでは到底伝え切れません。

それから、思う存分ハンガリー料理も楽しみました。
あんなにコッテリしているのに、翌日にも食べたくなる、あの食欲。

d0005157_23353266.jpg
東駅。ブダプストに到着。ここから接続されている地下鉄2に乗ってホテルへ向かいました。


d0005157_23484745.jpg
漁夫の砦は、ドナウ川の西側にある王宮の丘にある絶景ポイント。かつてここに魚の市が立っていたことなどから、この名がついたそう。
川の向こうに見えるのが、国会議事堂。


d0005157_2354182.jpg
トラム。ドナウ川沿いに走るので、景色も最高です。このトラムで町を一周するのも面白いかも。


d0005157_2356411.jpg
中央市場。ブダペストの市民の台所です。青果、果物、肉、魚、香辛料、加工肉などなど、、、そしてお腹がすいたら、二階にある軽食屋さん(屋台風?)へ行って地元の人と混じってハンガリー料理を楽しみましょう。
私たちはグヤーシュとトカイ・アスー(貴腐ワイン)を楽しみました。中々出来ない、トカイ・アスーのラベル違いの飲み比べなんかもしちゃいました。


d0005157_045421.jpg
食べたいものを指をさして注文出来ます。だから簡単!


d0005157_055373.jpg
クレープのようなものに包まれた食べ物。中身はリンゴやお肉などから選べます。結構美味しくてボリュームもあって、朝食代わりになります。


d0005157_0123329.jpg
ハンガリーの特産品、フォアグラのグリル。備え付けのパプリカなどの野菜と一緒に食べるからまだ美味しさ倍増ですっ☆


d0005157_0142155.jpg
グヤーシュ。牛肉と野菜、粉末パプリカを煮込んだ、ハンガリーを代表する料理です。


d0005157_0162238.jpg
お馴染みのロールキャベツ。これは酢付けキャベツでひき肉を包んであるもの。そのほかにパプリカの肉詰めもあります。


ちょっと食中心になってしまいましたねー。
だって本当に美味しかったんだもん☆

ピアニスト、リスト・フェレンツ記念博物館にも行きました。
ちょうどその日は日本人ピアニスト、長富彩さんと、梶山みはるさんのジョイントコンサートがあることを、リスト博物館の人に教えてもらったので聴くことにしました。
ここは、かつてリストが住んでいた住居を博物館にしたので、彼が使っていたピアノ、家具、生活用品などが展示されていて、部屋の奥には大ホールもありました。
今回はそこが会場になります。
素敵な日本人ピアニストに出会えたのも、何かの縁かな。こうやって海外でも頑張っている人もいるんだと、あらためて思います。彩さんの方は若干二十歳。これから益々活躍してほしいです。

d0005157_049336.jpg
くさり橋。ブダペストのシンボル。ブダ側とペスト側を結ぶ橋です。


d0005157_051787.jpg
くさり橋からの夜景。とってもキレイ☆


d0005157_052568.jpg
毎晩通ったホテルのバーラウンジ。ここから夜景も素晴らしいですよ。ワインとフルーツで一日の終わりを締めくくりました。


ブダペストのホテルd0005157_1135473.jpgSofitel Budapest
[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-09 05:00 | +travel
ショプロン

ウィーンから鉄道で約1時間半のオーストリア国境から6キロ。国境近くの町ショプロン。
トルコの襲撃を免れた国内でも数少ない町で、中世の美しい町並みを残しています。


d0005157_22244618.jpg
火の見塔です。124段の階段を上れば、旧市街の町並みが見渡せますが、残念ながらこの時期はお休みでした。


d0005157_22312632.jpg
中央広場。これは、14世紀に建設された3軒の家。右から、シュトルノの家、ラックネルの家、ファブリツィウシュの家。現在は美術館、アパート、博物館などになっています。


d0005157_2234547.jpg
山羊教会は、山羊が掘り当てた埋蔵金を教会建設のために寄付したというのが、この名の由来。


d0005157_22374380.jpg
ふたりのムーア人の家。1727年に建てられた農夫の家です。バロック式の門構え、ねじれた円柱、天使像などの美しい装飾から、当時の豊かな庶民生活が伺えます。現在は一般人が住んでいます。窓際におばあさんがいて、ニッコリと微笑んでくれました。


d0005157_22432555.jpg
Jegverem(イェーグヴェレム)で夕食です。家庭料理を楽しめて地元の人にも人気。写真はハンガリーの料理というより、このレストランの名物?大きなポットにお野菜と豆がたっぷりと入ったスープ。もぅ最高に美味しかったです。これだけでお腹がいっぱいになるというか、多すぎなのにもかかわらず、私はこのあとドでかいお肉もたいらげちゃいました。ハンガリー人はよく食べる?


d0005157_22522536.jpg
食った、食ったと重くなった体をさすりながら歩いていて、ふと、後ろを振り向いたら、、、この夕焼け空です。あまりの美しさに、言葉を一瞬失いました。ショプロンの思いではこの夕焼け空に決定~!


d0005157_22573619.jpgショプロンのホテルHotel Wollner併設のレストランで飲んだワインとチーズはとっても美味しかったです。
[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-09 04:13 | +travel
ウィーン

ウィーンに着いたらもう夕方の5時過ぎ。
チェコから5時間の鉄道の旅でした。

d0005157_22114856.jpg
シュテファン寺院です。町を歩くときの目印になりました。


d0005157_2217534.jpg
国立オペラ座で”フィガロの結婚”を観ました。たったの9ユーロの席だったけどよく見えました。当日の午前中に買ったので残席数はほとんどなかったし、座席指定も不可能でした。


d0005157_22195994.jpg
ウィーンに来たらここへ行かないと!シェーンブルン宮殿です。マリー・アントワネットのお母さん、女帝マリア・テレジアの夏の宮殿です。マリーも幼少時代ここで過ごしたそうです。宮殿はとっても広く、見ごたえも十分あります。
6歳のモーツァルトが御前演奏を行った間もあります。
17-18世紀のハプスブルク家の暮らしがよーく分かります。


d0005157_22263679.jpg
濃厚なチョコレートがたまらないザッハートルテ。甘みのない生クリームが添えられています。
ここはDemelのもの。
もうひとつ、Sacher(ホテル・ザッハー)のカフェのザッハートルテを食べて、比べてみるのもいいかもね。


d0005157_22342295.jpg

ノルトゼーはシーフード専門のチェーン店です。私はココかなり気に入りました。カフェテリア形式で注文もしやすいけど、結構高いので注文する際は注意ね。


d0005157_22362853.jpg
ノルトゼーで一番気に入ったいくらが乗ったバゲットです。キャビアがのったものもあり、両方試しました。何個でもいけちゃうよー。


d0005157_228846.jpgウィーンのホテル
Hotel Austria
[PR]
by yukicon-nyc | 2007-03-09 03:50 | +travel

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc