<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今年の夏の旅行は。。。

南イタリア→ギリシャ→トルコの3ヶ国の旅!

6/30(金)
初日からアメリカン航空(21:30発)がJFKを約4時間遅れの午前1時に出発。予定をしていた、ヒースローの乗り継ぎ便に乗り遅てしまいました。
どうしても翌日の7/1中にナポリには到着したかったので、仕方なく1度英国に入国をし、ヒースロー空港からバスで30分ほどのところにある、Gatwick空港へ。
そしてそこからナポリ行きのチケットを買って、何とか夜ではあったけれどナポリに到着。
遅れた側の航空会社と連携がない便だったため、エコノミーを定価(2人で約25万!!)を払って仕方なく旅を続ける私たちでありました。(7/26現在アメリカン航空と交渉中)

本当であれば、ナポリに到着後カプリ島まで移動し、現地時刻の7/1(土)にカプリ島のホテルに宿泊予定だったけど、ナポリに着いたのが夜10:30。カプリ島に行く足なし。
と言う訳で、ナポリでホテルを急遽見つけて宿泊となりました。
当然カプリ島のホテルはキャンセル。
不幸中の幸いなことに、ホテル側のミスで私たちの宿泊が7/2(日)になっていることが判明。
もし、予定通り旅が進んでいたら、カプリ島で野宿することになっていたのか?

おまけ:ちょうど英国に着いたとき、ワールドカップインクランド戦の真っ最中でした。
イングランドユニフォームを着ている人が多く、紳士的に盛り上がっていました。

おまけ:英国からイタリアに向かう途中、飛行機はアルプス越えをしました。
すばらしい景色が続きます。
d0005157_6594997.jpg


さぁ、気を取り直して旅の続きです。

7/2(日)
せっかくナポリに泊まったので、予定ではなかったポンペイ遺跡へ行くことに。
ヴェスヴィオ周遊鉄道に乗って約30分。
2000年も前に栄えた街が観られるということで興味深い。
現代にもある、居酒屋、洗濯屋、スポーツジム、浴場などなど。あっ、売春宿ってのもありました。
私たちの今の暮らしと何ら代わりの無い暮らしをしていたのかと想像すると楽しい。
ヴェスヴィオ火山の噴火によって埋もれてしまったポンペイの街。
一瞬にして石の塊?になってしまった人間の姿にはちょっとびっくりしました。
中にはお祈りをしている姿のまま固まってしまった人のものもありました。きっとそうするしかなかったのでしょう。
d0005157_6532312.jpg



ポンペイの遺跡を見終えて、今度は同じ電車でソレント半島の先にあるソレントを目指します。
ちなみにここからカプリ島が見え、もう一歩というところまで来ましたが、先があるので行くことは断念しました。いつかまた来よう!

ここから海岸沿いを走るバスに乗り換えます。
ソレント~サレルノまでの約40キロの海岸沿いは世界遺産にも指定させており、美しい景色を楽しめます。
途中途中には街があるので好きなところで下車し、そこで宿泊も出来るし海水浴も楽しめます。
私たちは目的のアマルフィという街までバスで移動しました。
このバス、今日が日曜日だということもあって、すんごい人なんです。
本来は景色を楽しむ予定だったのですが、この人では車窓からの眺めなんてのは無理です。
ラッキー☆なことに私たちは立ちっぱなしではあったけど、運転手の隣りの場所を確保出来たので、思いっきり車窓からの景色を堪能出来ました。
でも予想外にバスがクネクネした山道を猛スピードでクラクションを鳴らしまくり、時には急ブレーキをかけながら走るので、気分が最悪。。。
おかげで楽しみにしていた写真も撮ることも出来ず、というか、手ぶれしまくり。。。
途中乗客が発作を起こし、救急車を呼ぶという事態も発生しちゃいまして、これがこのバスの運転のせいではないかと密かに思っている私でありました。

無事にアマルフィに到着、そしてカプリ島の青の洞窟に行けなかったので、エメラルドの洞窟に行くことにしました。エメラルドの方がイイという人もいるので^^

バスに乗って15分ほど。バス停はあるらしいけど、どこで降りたらいいのか分からないので、運転手さんに前もって伝えておいた。そしたらちゃんと着いたよって教えてくれました。

午後4時近かったので、お客さんはほとんどいなかった。
洞窟内はとっても狭くてボートで一周とは言っても5分もかからない。
船頭さん、イタリア語と英語の両方で話してくれるので関心しちゃいます。
エメラルドの洞窟はというと。。。。
神秘的!の一言ですね~。鍾乳洞もすごいけど、本当にエメラルド色に海水が輝いているんです。海中には何体が像が沈んでいて、観光用の盛り上げ役かな~とちょっと引いちゃいました。

そこからバスに乗らず、海からアマルフィへ向かいました。1人/5ユーロ。海からの景色もなかなのものでしたよ。
船から見るエメラルドの洞窟の入り口。
d0005157_7362096.jpg



そろそろお腹も空いて来たので、アマルフィの街を見学後、シーフードの美味しそうなレストラン探し。
大きな街ではないので歩きやすいし、レストランも見つけやすい。
いつもの私たちの癖で、路地裏路地裏と表通りから離れて歩いているうちに、ちょっといい感じのレストランを見つけました。
そこで、アンチョビの揚げ物と生ハムとウニのパスタを注文しました。
アンチョビの揚げ物と生ハムは最高!!
ウニのパスタも期待度大だったけど、まぁ普通。残念。
ホテルからアマルフィの港が見えます。
d0005157_749398.jpg
d0005157_7483570.jpg



この半島はLimoncerro(リモンチェッロ)というレモンを使った甘いリキュールが有名です。
甘めなので、食後酒として使われるようです。もちろん、自宅用にお土産として一瓶買いました!(翌日落として割っちゃいました~。グスン)
d0005157_7501939.jpg


[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-30 06:18 | +travel

松井選手より・・

d0005157_32551.jpgみなさんありがとう。
と松井選手から。

これはNY在住日本人用のフリーペーパー紙、週刊NY生活の一面です。(6/24)

この新聞、松井選手が怪我をしたあと日本人の児童生徒や読者から励ましのメッセージを募集し、それを記事として載せていました。

そして、その記事を目にした松井選手からお礼のメッセージが届いたわけです。

松井選手専属広報の広岡勲氏によると、左手のギブスが外れている写真が公開されたのはこの写真が初めてだそう。
もちろん実際はまだ外せない状態なのだろうが、ファンの為に元気な姿を見せたかったのだろうか?松井選手の優しさが伝わってくる写真でした。
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-27 02:50 | +new york
Happy Birthday Derek!!

d0005157_22591719.jpg


そう、今日は大好きなデレク・ジーターの32回目のお誕生日。

そんな日に球場に行けてとってもラッキー★

今日も練習から見て来たよ。
球場に入ったら、いきなり目の前でインタビュー中のデレクを発見!!
近くまで行ったら、チケットを持っていないのがばれて、即追い返されちゃった^^;
ダグアウト周辺の席はチケットを持っている人しか入れないのです。
(お願い!写真撮るだけだから~って言ってもムリ、、、ふんっ)


d0005157_2311277.jpg

試合直前、デレクがキャッチボールをする場所をゲット!
するとーーー、こーんな気合の入ったギャルがいっぱい!
デレクファンのおっさんもいたりして、みんな自分をアピールするのに精一杯。
今日はバースデーボードを持っていた人が多かった~。

    もちろん、私も手作りしたわよ。これがそれ↓(来年はもっとド派手にしてやる~)
d0005157_2374550.jpg



今日は球場ではファンがデレクにバースデー・ソングを歌ったり、とってもイイ雰囲気だったなぁ。
試合も一週間振りに登板したランディ・ジョンソンが7回無失点に抑え、シアンビが2本塁打、5打点。
9回の表に2点入れられちゃったときはちょっと焦ったけど、守護神モーが出てきて、しっかりと試合を締めくくってくれました。

今日はカノが太ももを痛めてしまったのでお休み。
バーニーもお休み。
松井、シェフは故障中だし、カノ、バーニーもいないヤンキース。ちょっぴり寂しかったけど。
アンディが今日は頑張っていたね。もちろんジアンビは言うまでもないけど。


d0005157_23231667.jpg
デレクを前に興奮のあまり手ブレしちゃって真ん中におさまってなーいっ!
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-26 22:29 | +yankees

The Morgan Library & Museum

d0005157_034585.jpgマディソンアベニューを歩いていた時のこと。
偶然目にしたNYでは珍しいモダンな建物が気になり、調べてみると。。。。

The Morgan Library & Museumと言う、美術館でありました。

ふ~ん、あの銀行家で有名なJ.P.Morganのコレクションか。

もともとはJ.P.Morgan邸と個人の図書館だったそうですが、その後増築、改築を経て、現在の姿になったよう。

コレクションもすごい物が多いみたい。
例えば、ベートーベンやモーツアルトの直筆の楽譜、ミケランジェロのデッサン、グーテンベルグによる聖書の初版などなど。。。。

ちょっとお洒落に過ごしたい人や、ゆくっくりと過ごしたい時にはここはお勧め。
館内にカフェやレストランもありました。
金曜日の午後7-9時は入場料が無料になるので、その時行くのもいいかも。
(その時は若干入場者も増えますが)

The Morgan Library & Museum

225 Madison Avenue at 36th Street
New York, NY 10016
Tel: (212) 685-0008
時間はwebで要確認。(曜日によって異なります)
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-23 23:35 | +new york

ブラジルは強かった。

アレックスのトスから玉田が前半34分に先制ゴールを決めたとき、嬉しくて嬉しくて何か涙が出ちゃった。

ガンガンシュートを打ってくるブラジルを相手に、川口もセーブを繰り返し、前半は1-0の日本リードで後半戦へ。
もしかして・・・って期待も高まるよ~。

しかしその後のロナウドのゴールをきっかけに、ブラジルらしいプレーが続き、あっという間に4-1。
それにしても、彼らの個人技は素晴らしいね。
見てて気持ちがいい。
小さい頃からボールで遊び、こんなプレーが出来るようになるんだろうね。

貧しい国に生まれた大リーグの選手だって、野球をしたいけど、グローブやボールなんか買えないから、牛乳パックでグローブを作り、小石をボール変わりに遊んでたんだって。
そしたら、普通の野球ボールなんて大きすぎなんだろうね。

まぁ、とにかく負けてしまったのは残念だけど、4年後、もっともっと成長したサムライニッポンを見てみたい。

明日は韓国戦。
コリアンタウンは真っ赤に染まるに違いない。。。ちょっと怖くて近寄れない。
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-22 16:54 | +diary

注射

破傷風の予防注射を受けました。

これから動物に触れる機会が多くなり、噛まれたりひっかかれたりすると思います。
予防に必要なのです。

小さい頃、誰もがしている注射だけど、もうそんなのとっくの大昔に免疫はきれているみたい。

アメリカ人は5年に1度は受けるようです。
(日本だと小さい頃しか受けないような気がするけど・・・)

健康診断での採血は年に1回はするけれど、注射をするのは本当、何年ぶり?

なーんとも言えない痛み。。。
やっぱりキライ。

副作用でまれに、注射した場所の痛みや24時間以内の発熱があるそう。

先生が注射したところに、カワイイキャラクターの絆創膏をはってくれました。
それでちょっと元気になりました。
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-20 14:28 | +diary

BBQ

今日はサッカー。

日本対クロアチア。

何とか勝ってほしかったけど、同点。
何度もシュートのチャンスがあったのに、、、

心がモヤモヤしたまま、午後からQueenzのお友達の家の裏庭で行われるBBQへ。

今日のNY、30度を超す暑さ。
しかも蒸し暑い!!
BBQ日和に違いないが、ちょっと暑すぎ。

15時スタートなので、30分ほど前に家を出た。
普通ならこれで十分間に合う。

でも今日は日曜日。
地下鉄が思うように動いてない。いつものことか・・・。

待っている間、親指大のゴキブリがとなりのおじさんの膝に飛んでキタ----!!

キャァ--------!!

何かついてないなぁ。。。

数十分後やっと来た地下鉄へ乗り込む。やっと乗れた~しかも涼しいよん♪

・・・・・・・

何か違うぞ?


あちゃ~!方向間違えた~!!

急いで次の次の駅で降りて乗り換える。(←次の駅では気が付かなかった^^;)

が、もちろんその電車も来ない。

こうなるともうどうにでもなーれって感じで、開き直る。

だって地下鉄に乗ったはいいけど、途中でまた数十分動かなくなったし~。

20分ほどで着く場所に、1時間半もかかってやっーと到着。


ワイワイがやがや始まってる~。
誰が来るか知らなかったけど、みーんな知っている人ばかりだった。
ちなみにイタリア人1人とアメリカ人1人以外はみーんな日本人!
日曜日の午後だっていうのに、誰一人ダンナさんを連れてきていなくって、奥さまたちはお外でお遊びでございまーす。

今日のホストのKさんはダンナさんとの年の差25!(確かそのくらい)
しかもアメリカ人。(←日本語ペラペ~ラ)
娘のように可愛がってもらっているんだろうね。

食べて飲んでしゃべって。。。

あーもう帰らなくっちゃ~。
みなさーん、旦那様がお腹を空かせて待ってますよ~。

という私たちはすでに満腹ちゃんなのでありました。
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-18 23:02 | +diary

アニマルシェルターへ

飼い主の都合で手放されたり、あるいは虐待されたり・・・何らかの理由でシェルターにやってきた犬や猫。

私に出来ることはないかな・・・

そう思って一ヶ月前にAnimal Care & Control of New York Cityというシェルターにボランティアの申し込みをした。

初めてのシェルター。
いったいどんな子達がるんだろう。。。

まずはオリエンテーション。
説明をしてくれたレイチェルもボランティアの人。
犬が大好きだけど、アパートの都合で犬が飼えないから始めたらしい。

今日のオリエンテーション参加者は約10名。
おじさん・おばさん・おねえさん・・・
年齢も人種もバラバラ。

ただみんな思っていることは同じ。

何か手助けしたい。

1時間ほど説明を聞いて、その後シェルター内を案内してもらった。

最初に1歳以下の子猫の部屋。
どの子もみーんな愛らしい。
生まれたての赤ちゃんネコもいたよ。
何匹かは貰い手が見つかったみたい。よかった。

次は大人の猫。
少しケージが大きくなって、貫禄のある猫が増えた。

その後、小型・中型犬の部屋。
猫と違って私たちが来るとはしゃぎ始める。
犬は人間と暮らすことが幸せなんじゃないかと感じる。
狭いケージで1日過ごすなんて、ストレスフル!
早く広い居場所が見つかるといいんだけど。。。

今度はウサギ部屋。
ウサギも保護しているんだね。ここは。
それにしても何でウサギまで手放しちゃうんだろう?

最後に屋外にいる大型犬に会いに。
みーんな大人しくて、いい子ばかりだったよ。
人が来るとやっぱり大喜び。
中には無関心な子もいたけど^^

ボランティアの中には、もちろんドッグトレナーやトリマーもいるから、問題がある犬や特別な扱いが必要な犬は彼らが担当するらしい。

アダプトしたい人はこちらから!petfinder.com
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-17 22:18 | +dog

The Cloisters Museum

d0005157_21474980.jpg
中世ヨーロッパの美術品を展示するメトロポリタン美術館の別館。
マンハッタンの北部、ハドソン川を見渡す丘の上に位置しています。

今日は天気もまぁまぁで、何だか無償に美術館へ行きたくなり、突然行くことに決めたのです。

夏の時期は朝の9時半から開いているらしいので、急いで準備です。
地下鉄Aラインの190th駅って何処だ?というくらい北の方にあるらしい。

ポートオーソリティーから地下鉄でおよそ30分。
更に駅から歩いて10分。
(駅前のバスに乗れば一駅。)

そこはとっても静かで緑の多い場所。
マンハッタンの外れまで足を伸ばせば、こんなところもあるんだと再確認。
外観は中世の修道院をイメージして造られ趣がある。

d0005157_23261753.jpg

キュサクの回廊。
ピレネー山脈にある12世紀に造られた、サン・ミッション・ド・キュクサの修道院の回廊。
中庭には中世と現代の植物が植えられています。

・・・1938年に公開されたこの美術館は、中世懐古様式の建築がこの建物の細部に組み込まれており、本物の中世建築の断片などの重要収蔵品とみごとな調和を織成しています。
このような展示によって、中世美術がもともと建築の中でどういう位置に置かれ、どう機能していたのかが分かるようになっています・・・


d0005157_23555489.jpg


トリーの回廊の中庭には植物がたくさん植えられていて、ユニコーンのタペストリーに描写されているものと同じ植物もあります。


d0005157_2357379.jpg

ボンヌフォン回廊の薬草園。中世に栽培されていた250種類以上の植物が植えられています。写真はラベンダー。他にネギ、ショウガ、マメ類などの植物もありました。


d0005157_064324.jpg

ゴシックの礼拝堂。


d0005157_01382.jpg

ユニコーンのタペストリー。1500年頃ブリュッセルで織られたもの。狩人がユニコーンを追いつめ、捕らえるまでを描写したタペストリー。全部で7枚あって、ストーリー仕立てになってます。


d0005157_0224846.jpg

フエンティドウエニャの礼拝堂。小さな椅子がとっても可愛らしい。

--おまけ--
メトロポリタンとここは姉妹美術館なので、どちらかで入場料を払っていれば、両方の美術館を見て回れます。(共通の入場バッチをくれます)
このあと私はメトロポリタン美術館へ移動。
美術館の目の前から出ているM4のバスで直通で1時間弱。
ワシントンハイツやハーレムの景色を車窓から楽しめます。
本日はエジプト美術を中心に見て歩きました。
人気の少ないブースでミイラやお棺を見るのはちょっと怖いね~。
ドキドキしながら見ているのは私だけ?

The Cloisters
Fort Tryon Park
New York, New York 10040
212-923-3700

Hours
Tuesday–Sunday 9:30 a.m.–4:45 p.m. (November–February)
9:30 a.m.–5:15 p.m. (March–October)
Monday Closed
Closed Mondays, January 1, Thanksgiving Day, December 25
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-14 22:35 | +new york

100万円当たれっ!

ネームカード作ってみました。
今キャンペーンで100万円の旅が当たります。
100万円の旅ってどんなんだろう。。。
私は数ヶ月、静かできれいなビーチと至れり尽くせりのホテルでのんびりと過ごしたいな。

夢がかないますように!

ネームカードを登録して自分のブログに貼ると、無料で使える容量が30MBから1Gに増えるんだって。
ここ1年ちょっとでほぼ半分の容量に達するところだったからちょうど良かった。

それから関係ないけど、季節ごとに変えていたスキン。
summerバージョンが気に入らないから、変えてみることにします。
今度は猫ちゃん。
犬派なんだけど、この猫ちゃんカワイイよねー。表情が最高です。
ちなみに小さいとき猫のみ飼ってました。
自分でオリジナルのスキンが出来るといいんだけど、ちょっと面倒なんだよな~。
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-06-13 04:41 | +diary

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc