<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

あつっ・・・

d0005157_758257.jpg今日29日はメモリアルデーの祝日。
この週末は本当に暑かった。

30度はすっかり超え、夏日がやってきました。

やっぱり、今年も暖かい日はほとんどなかったね~。
冬からあっと言う間に夏。

短い夏を楽しみましょう♪
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-05-29 23:53 | +diary

Salsa Fiesta

d0005157_7511768.jpgSalsa Fiesta!

サルサⅡのクラスも先週で終了し、今日はその打ち上げパーティだったのです。

先生(シンシア)の生徒や友達が集合し、楽しい楽しいパーティでした^^

先生と生徒がパフォーマンスを披露してくれて、それはまた素晴らしいものでした。

デジカメの動画で録画したんだけど、ここにup出来なさそうだわ。

来週から3週間Ladies Stylingのクラスが始まり、その後5週間ペアのクラスが始まります。

アットフォームなクラスなので、こうやって楽しくレッスンも受けられるから続けることも出来るんだね。
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-05-25 22:33 | +salsa

Cesar Millanが来た

Cesar Millanは、知る人ぞ知るカリスマ・ドッグトレナーなのであります。

その人のDVD発売サイン会が、タイムワーナーセンター内のBORDERSで行われました。

彼はDOG WHISPERERという、犬のしつけ番組を持っているのです。私のお気に入り番組の中の1つ。
彼にかかるとどんな犬もおりこうさんになります。

そんな私の憧れの人が来るので、早速サイン会に行きました。
といっても本やDVDを買うつもりは全くありませんでした。
ただ、本物のCesarが見たかっただけなんです。

こんな機会はなかなかないので、会えて良かった。
ずうずうしく買いもしないのに最後の最後までサイン会の様子を見てました。
帰るときニコニコしながら手を振ってくれた彼はとってもいい人に感じました。


d0005157_23284821.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2006-05-23 23:03 | +new york

レッスン風景

Dance on 2


メラニー先生の踊っている様子は見る価値あり。
やっぱりかっこぇぇわ。
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-05-22 22:48 | +salsa

The Bronx Zoo(update)

地下鉄⑤番線(②番でも行ける)に乗って動物園へ!
グラセンからおよそ30分。

d0005157_1031087.jpg久しぶりの動物園と初めてのThe Bronx Zoo
本日水曜日は入園料が無料だと聞いていたのでちょうどいい。
(実際は無料ではなくて、ドネーション)
私は前の人が2㌦払っていたので、まねっこで2㌦払いました。
(通常は12㌦ですよ)

もちろん動物園なんで、たくさんのエリアに分かれています。
その中で特に印象に残ったのが、ゴリラとタイガーのエリア。

まずは、ゴリラさんとこから。
注:ここから先は18歳未満はお断りで~す。

d0005157_10353091.jpg
ゴリ♂「食後の昼寝は気持ちいいっす」


d0005157_10403562.jpg
ゴリ♀「ねぇねぇ昼寝なんかしてないで遊ばな~い?」


d0005157_22113532.jpg
ゴリ♂「カモーンベィビィ」



えっ!?遊びってそういうことだったんっすか?
ここは子供もたくさんいる動物園なんですけど。。。
(彼らには関係ないか)
それにしても、私たちに見せびらかすようなその行為、、、

大人は大興奮ですよ(笑)
「unbelievable!!!!」
「oh my god!」
「oh!」
そしてフラッシュの嵐、、、

d0005157_2221749.jpg
ゴリ♂「ほいじゃ、後ろからも見せちゃうよ~」


d0005157_2225196.jpg
ゴリ2♂「ちょいと、オイラもそのお遊びとやらにまぜてもらえませんかね」


d0005157_2227022.jpg
ゴリ♂「Okだぜっ。ちょいと疲れたところだしヨ」
ゴリ2♂「そいじゃ、お言葉に甘えてちょいと失礼いたしやす」


おいおいっ、チェンジかよ~。
みんな唖然・・・・・・・・。



とまぁ彼らの繁殖行為だと思ったわけですが、よーーーく見ると、合体してないんですよ。

これはマウンティング行為で、社会性を持つ霊長類の主に オスがする行動みたいです。
順位の高いオスが低いオスの上に乗って、互いの順位を確かめ合ったりしてるようなんです。
定かではないけれど、ここにいるのはみんなオスってことも考えられます^^


d0005157_2225717.jpg
お次はタイガーの登場!餌を上げる時間が1日に3-4回あるので、その時間を狙って行きました。お肉でお姉さんがタイガーを自由に操ってます。立ち上がるとかなり大きいの。襲われたら、、、近くで見ると猫のように可愛いんだけどネ。


d0005157_22294745.jpg
キリン科ノオカピ!横浜のズーラシアに日本初上陸して当時人気を集めていたのを思い出しちゃいます。オカピは今回が初めて。前々から見たかった動物なのでちょっと感動。以外と大きくてびっくり。


d0005157_2236175.jpg目の前でいきなり広げ始めました~。何度見ても綺麗だなぁ。。



d0005157_22384552.jpg"Bug Carousel"こんな奇妙なカルーセルは初めて。虫の大行進って感じでした。
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-05-17 22:17 | +new york

"Dance on 2"

今通っているサルサクラスの名前なんです。
私が通い始めてから早半年が経とうとしています。
その間に、2度ほどスタジオの移動がありました。

最初は、ワシントンスクエア近くの超錆びれたスタジオ。
人数の割りにはスタジオが狭く、空調もいまいち(扇風機のみ)で暑さとの戦いの日々でした。

2度目はそこのスタジオのレンタルが切れたのか、コパカバーナの秘密の2階の部屋がスタジオ変わりになりました。
そこは、数十年前に流行ったようなにおいがして、薄暗く、鏡のない、床が板張りではない、それはそれはヒドイところでした。
スタジオに鏡がないってどういうこと?
それでも、そのレッスンに出ると、コパ入場無料チケットがもらえるのと、レッスン代金が安い(2時間2レッスン/15㌦)ということで、毎週通ってました。

そしてつい最近から、チェルシーのスタジオに変わり、かなり充実したレッスンを受けることが出来るようになりました。
部屋も広く、明るく、窓も大きく、鏡も大きくて、大満足!

ただし、人数が予想以上に増えてしまったのが難点でもあるんだ。。。
女性だけのクラスなので、みんなライバル心丸出し!?
少しでも先生のようセクシーに踊れるようにになろうと、顔は真剣です。

私も負けないぞー!

と、先日やっと2足目のシューズを買いました。
私にぴったりのものが見つかって、毎回ウキウキしながら踊ってます♡(左のTanです)
d0005157_9494247.gif

[PR]
by yukicon-nyc | 2006-05-15 21:30 | +salsa
というほどではないんですけど、、、

友達が喫茶店でおじぃちゃんに声をかけられたんだって。(多分70歳代)
友達になろうみたいな。
普通なら断るわな。。。。

なのにその友達、連絡先(電話番号&メルアド)まで教えて、次回会うことも約束したみたい。

で、そんな彼とのお食事も2度目らしいんだけど、今回一緒に行こうと誘われたの。
んんん、、、どんな奴とも分からん人と食事?
でもその子はいつも、自分+おじぃちゃん+自分の友達の3人で会っているんだって。
まぁどんな人か見て見たいという好奇心もあり、そのじぃさんはお金持ちだとか紳士だと聞いていたので会うことになったの。

待ち合わせ場所は5番街の59thSTの角。
見た目は普通の小奇麗な感じの人で、悪い印象は受けなかった。
うちらはどこに連れて行かれるのだろうと不安だったが、、、

そんなじぃさん、Taoに連れて行ってくれた。
Taoと言えば、NYでもお洒落で高級アジアンレストランではないか~。
普通入りませんよ。こんなとこ。
じぃさん、慣れた感じでうちらを誘導してくれて、もしかして本当に彼はリッチな人なのかも~と思い始めちゃいましたよ、ワタシ。

多分このじぃさん、どっかの会社のお偉いさんor投資家なんです。
決して身分を明かさないところも、怪しくもあり、本当な気もするのです。
話しの内容から、そんな感じ。

でもそのじぃさん、単に若い子と一緒にお話して、お食事して時間を過ごすことが目的のようで、それを本人楽しんでいるように見えるんだよね。

じぃさんとは言え、いつ豹変するか分からないので、引き続き注意はするわよ。
d0005157_10144817.jpg
お店のど真ん中の趣味の悪い迫力のある大仏さんには焦ったわ^^;
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-05-11 21:53 | +diary

ギャラリーでのお仕事

d0005157_0293254.jpg4/19から5/1までギャラリーで受付の仕事をしました。

”現代伊万里/純プラチナ彩の輝き山本一洋(やまもといちよう)作陶展”

本格的なお仕事だったので、事前準備(英語で作品説明など。。)もあり、大変でした。

初めて見る”純プラチナ”を使った作品は、本当にきれいでした。
キラキラと輝きながらも、派手になりすぎず、上品な落ち着きのある作品ばかりです。
キラキラのプラチナもあれば、1300度の高温で焼き、茶色に変化したプラチナの作品もあり、一目見ただけではプラチナと誰も分かりません。

これらの作品とは反対に、一洋先生はとってもお茶目で恥ずかしがりやさんのとってもかわいい方でした。
この先生からこの作品が出来上がるということが、失礼ながら想像も出来ません。
何ていっても、作業の細かさにかけたら、右に出るものはいないほどなのです。
話しを聞くと、気が遠くなりそうなことばかり。。。
伊万里焼などは大量生産が出来るので、そのほとんどが流れ作業だけど、そういう作り方は今のところしていないので、ひとつずつ丁寧に仕上げられているところも、見て欲しいです。

今回は先生夫婦と美術商の方が日本から来ていました。
先生は陶作活動があるので、すぐに日本に帰りましたが、美術商の方とは仲良くなり、一緒に過ごした2週間があっと言う間でした。

本来の目的は先生の作品をお披露目するということでしたが、先生の作品を好きになる方も多く、何個かお譲りしました。
もちろん有料ですけど。

私も一個くらい欲しかったな~。↓特にこれ!(残念?ながら売れちゃいました。。。)d0005157_0262887.jpg
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-05-01 23:30 | +diary

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc