<   2005年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

d0005157_21361075.jpg
55cmのトラウト(カットスロート)。川での産卵を終え、7月中には湖へ帰ってしまったはずのトラウトがまだ数匹残っていました。







d0005157_1322960.jpg何といっても一番たくさん見かけたのはバイソン。車の渋滞の原因は彼らの大移動です。車を怖がらず、群がって移動する姿は何度見てもイイぞ。群れで移動するのもいれば、単独行動のバイソンもいました。写真を向けた瞬間この顔。貴重な一枚です。






d0005157_13103539.jpg

鹿の親子を発見。子供3人がお母さんのおっぱいをもらっているところです。







d0005157_13164543.jpg
比較的良く見かけたエルク。これ、実はかなり自分から近寄って撮影してるところなんです。振り向かれて襲われたら。。。何てドキドキしながらの撮影でした。









d0005157_13183156.jpg

カワウソ2匹。(息つぎ中)
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-27 13:00 | +travel
d0005157_9491642.jpg8/20から8/27の一週間、ダンナさんが夏休みをとったので、イエローストーンに遊びに行ってきました。
6月のヨーロッパ旅行に続く2度目の夏休み取得。仕事の方は大丈夫なのか??私的にはokなんだけどね^^

NY/Laguardiaからイエローストーン行きの直行便は無いため、Denver乗り継ぎにてモンタナ州のBillingsの空港へ。そこから車で5時間ほどで公園入り口に到着。(予定では2~3時間で着く予定でしたが、途中工事中で封鎖された道があったので遠回りすることになりました)
公園入り口は5ヶ所あります。私たちは”Northeast Entrance”から。一週間20ドル分の入園料とフィッシングライセンス10ドルを払って入園。
この時点で既に夕方。
ここからロッジまでまだ数キロあるというのに、ダンナさんはフィッシング開始。

トラウトは夕方頃が一番活発に動き出すのです。何故ならトラウトの餌となる虫が、水面近くにたくさん飛び始めるから。もちろんそれを狙ってトラウトも動き出す訳。
その本物の虫に混ざって擬似餌(フライ)を投げるのです。トラウトはとっても頭が良いので、そう簡単に捕まりません。ちゃんと食べられるものかどうか見極めているのです。
しかも超敏感君なので、水面に足を入れようものならすーっとどっかに消えてしまいます。人間の影が水面に写るだけで逃げてしまうこともあるので、慎重にキャスティング。

この時点で私がフライフィッシングに興味がないことが分かるでしょう。
繊細すぎてなおかつ釣れるかどうか分からないのにひたすらキャスティングなんて私には出来ません。。。
この一週間、私は彼のアシスタントに徹することとなるでしょう。

無事にカットスロート(イエローストーンにだけいる)というトラウトが2匹釣れまして、彼も大満足。私もこれで美味しいビールが飲めると言うわけ。

d0005157_0395149.jpgロッジに行く途中、バイソン(バッファロー)の群れに遭遇。近くで見ると物凄い迫力のある体に顔。いかつい体のわりに、とっても可愛い目が印象的でした。
こちらがテンションかけなければ襲うことはないけど、気分次第で襲うこともあるそうです。もちろん他の野生動物にも餌はもちろん、触ったり、攻撃したりしてはダメ。


d0005157_041870.jpg2泊する今回のロッジRoosevelt Lodgeにはバス・トイレ無し。。。
ちょっと不安だったけど、キャンプをしている気分だし、共同のバス・トイレはとってもキレイでした。
部屋には暖炉があって、自分で焚くようになっていました。使ったことないし、火事にでもなったら怖いから使わなかったけど。
夜は気温は氷点下。真冬の格好です。標高も2000m近いので朝晩は冷え込みます。

夕食はロッジ内にあるレストランでとることになりますが、典型的アメリカこてこて料理ばかりです。私はそんな料理が結構好きなので、BBQソースのリブや大きいハンバーガーを食べたりと、ここでの夕食に大満足。
後から聞いた話し、公園内で一番食べ物が美味しいレストランがここだったそうです。
確かに味の方は抜群でした。

d0005157_053547.jpg翌日は早起きしてSlough Creakへ。ダンナさんの調査によると、おっきいトラウトがいるとのこと。そのポイントへ行くには山道を一時間ほど歩かないと行けません。
やったー!ハイキングだーい。とはしゃぐ私。
結構登り坂のきつい山道でした。しかも木がほとんど無いので日陰も無い。
ぬーっと流れる川を見たときには疲れは吹っ飛んだけどね。
こんな感じの川です。川岸から川を覗くと、、、いるいるトラウトがー。しかも大きいぞ。噂は本当でした。
結局、8匹のトラウト(最長55cm!)を釣り上げ興奮がおさまらないダンナさん。
私は川でカワウソ君を発見。2匹がすいすいと泳いでいました。時々呼吸の為に顔を上げてました。

d0005157_123819.jpg
もちろん今回も乗馬をしました。
1時間30ドル。もっと走りたかったけど今回は歩くのみ。ダンナさんもちょっとは上手になったようです。いつもお尻が痛くなるのに、痛くならなかったと言ってました。
お世話になったお馬ちゃんたちです。



d0005157_757820.jpg
3日目に宿泊したMammoth Hot Springs Hotelの近くにあるMammoth Hot Springs Terraces。毎日2トンもの炭酸カルシウムの岩が温泉により作られているそうです。約1時間ほどトレイルを歩いて、たくさんのテラスを見ることが出来ました。
当然だけど、付近は硫黄のにおいがすごいです。






d0005157_8301463.jpg
Norris Geiser Basin。先ほどのMammoth Hot Springsから車で南に1時間ほどのところにあります。ここには世界最大の間欠泉Steamboat Gayserがあり、不定期に高さ約122mも噴出するそうです。ちなみに前回は2000年5月の朝9時に噴出しました。






d0005157_840195.jpg
4日目の宿泊先はArtist Pointという滝の近くのCanyon Villageです。荷物を置いて早速、Artist Pointに行きました。ここの景色はイエローストーンの紹介で良く使われます。たくさんの絵描きが絵を描きに来る場所ということで、この名前がついたそうです。私が行ったときは誰も絵を描いていなかったけど^^


d0005157_847889.jpg





Firehole Riverに流れ込む温泉。→





d0005157_8515355.jpg

Old FaithfulにあるMorning Glory Poolです。黄緑や黄色、エメラルドグリーンがとても美しいPoolです。この美しさは写真以上のものでした!トレイルを約1時間歩くとたどり着きます。イエローストーンに来たら必ず行くべき、見るべき場所!!
ちなみに、ここにコインや空き缶、石や小枝などを投げ入れる人がいるそうです。(自然に入ってしまう物もあります。)色も以前よりも悪くなってきているので、時々溜まったゴミを掃除していると説明書きがありました。↓
d0005157_8584127.jpg


d0005157_962627.jpg
ここのトレイルにもたくさんの間欠泉がありますが、中でも有名なのがOld Faithful geyser。名前の通り、信頼出来る、忠実な間欠泉=約束の時間に噴出するという、人気の高い間欠泉です。この日も夕方6時半という約束どおり噴出してくれました。約一分間という短い間だったけど、20m位上がったのかな?









d0005157_9152568.jpg

Old Faithful Areaには、Old Faithful Innという1904年に完成した世界最大の ログハウスタイプのホテルがあります。私たちが訪れた日は100周年ということで、改装中でした。ロッジ内に入れば、100年前の雰囲気を十分感じられます。ここのホテルはイエローストーン内で一番人気なので、4ヶ月前に確認した時点では既に満室。一度は泊まってみたいな。写真はロビーにある巨大な石作りの暖炉。







5日目はYellowstone Laleのほとりにある、Grant Villageに宿泊です。今回の旅で一番宿泊料金が高いホテルでした。今までロッジやキャビンに泊まっていたので、ホテルは初めて。ちょっと居心地が悪かったかな。確かに綺麗で新しかったけど。
その日の夜見た数え切れないほどの星が印象に残りました。天の川も良く見えたし^^(外は氷点下に近い気温だったと思うよ。寒かったもん)


d0005157_9393961.jpgこの日の朝は霜が降りるほど寒かったです。それでも私たちはLewis LakeからLewis Riverに流れ込む付近でFFをしました。何人かの釣り人を見かけました。事前のりサーチ通りトラウトがいる場所には間違いないでしょう。
しかし、天候がいまいちで、寒さとの戦いでした。。。しかも途中雷が鳴るわ、ひょうまで降ってくる始末。更に魚姿も一度も見れずに退散となりました。トホホ。。。
帰りに湖側で巨大なトラウトを釣っている人を見かけました。やはり、湖には大きいのがいるのだなーと思いました。ダンナさんは湖釣りには興味がないみたいです。


d0005157_9572316.jpgイエローストーン公園内では最終の宿泊場所Lake Villageのキャビン。外からでは分かないけど、中はとっても素敵なのです。この旅一番のお気に入りのキャビンとなりました。食事はホテル内でとりますが、そこから見えるイエローストーン湖がすばらしかったです。


d0005157_12544981.jpg
そうそう、滞在中イエローストーンでクリスマスを迎えました。以前8/25に雪が降ったことを記念してこのクリスマスが出来たそうです。













d0005157_12565971.jpg
Northeast Entranceです。ここでイエローストーンともお別れ。。。
最後の晩はモンタナ州のCook Cityへ移動です。小さな町ですが、これぞアメリカといった田舎な感じがまた良かったりして。
次回はモンタナ州乗馬の旅をしてみたいものです。
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-20 23:49 | +travel

Copacabanaその2

d0005157_520525.jpg


ステージで踊るサルサの様子。
動きが激しいので、なかなかうまく写真が撮れません^^;
相変わらずのカッコよさに今日もく・ぎ・づ・け。
お気に入りダンサーもいて、今度こそお話しようと思いました。ぽっ☆

この日のcopaは有名なサルサバンドが来ていたため、普段以上の盛り上がりをみせていました。私も何人かと踊りましたが、パートナーにも恵まれて楽しく踊ることが出来ました。
驚いたことに、サルサの先生も踊りに来ていたので、一緒に踊ることも出来ました。
まだまだド素人なので、相手も楽しく踊ってもらえるように練習だわ。
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-17 05:18 | +salsa

Copacabana

COPACABANA通称COPAに行ってきました!
今年の目標1つ達成♪

毎週火曜日は5㌦でディナーバフェ&Free Lessonが受けられます。
平日だし、クラブなのに18時開始だし、きっと人も少ないんだろうな~と思ってました。

行ってみたらびっくり(@0@)
既にたくさんの人がいるではないかーーー。
結構人気あるのね。

まずは、腹ごしらえ。
コックさんがいて、みんなに配膳します。バフェと言っても一回きり。5㌦だしねっ。
それでも量は多いのでレッスン前にお腹は一杯。

最初レッスンが始まらなくてどーしたんだろーって思っていたら、レッスンは下の階で既に始まってました。
お兄さんがステージに立ち、基本ステップを教えてくれます。100人くらいいたんじゃないかな?この人数の多さにもびっくり。
約1時間半のレッスンも終わり、気持ちも高まった状態でそのまま私たちはダンスフロアへ移動。と、その時、ペアのクラスが一緒の友達に遭遇。彼女はかなりコパで鍛えたみたい(毎週火曜日に来てるって言ってた)。気持ち良さそうに相方と踊ってました。
うらやまし~。

曲はサルサがメインでメレンゲが時々入る感じでした。
途中生バンドの演奏もあり、ダンサーがステージで素晴らしいダンスを披露してくれました!!
生ペアサルサを見るのは初めて。あまりにすごい2人にく・ぎ・づ・け。
男性も女性もとってもセクシーだし、女性のパワフルなダンスに圧倒され、男性のいやらし~目つきもたまらん!彼は私好みの超素敵な人でした♪

私も友達も数人のパートナーと楽しく必死に踊りました。
必要以上にくっ付いてくる人はキライ
一緒に踊った人の中で、何かサルサを勘違いしているんじゃないかという振り付けで参りました^^;これから色々なタイプの人と踊ることになるんだろうな。
私も今日初めてだったし、人のこと言えないね。

帰りは友達と2人で超ご機嫌☆
大好きなサルサミュージックにダンス。部屋で聞くより100倍も良かったよ。
大きな声で歌いながら歩いていたら、レストランで働くおじさんが温かい?目線を送ってました^^;(笑われただけか)
遅い時間に失礼しました。。。

この晩、夢にもサルサが出てきて、興奮のあまりあまり眠れませんでした。

COPA
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-16 09:09 | +salsa

誰やねん?

知ってる?LL COOL J

我が家の近く、よく行くチャイニーズのお店で会いました。
ランチ5㌦~7㌦ほど。さすがチャイニーズ!値段の心配はいらないです。
そんな店に彼はいました。
ラップ好きの友達が、とっても騒いでいたけれど、
私、その人知らないからテンションひくっ

とっても愛想のいい人で、私たちの方見て、自分の胸に2度手を当ててそんで手を振ってくれました^^
そのしぐさがラッパーっぽいぞっ。
私から見たらただの黒人さんでしたが、、、
すみません^^;
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-16 08:42 | +diary

若大将

若大将コト加山雄三氏が、うちのギャラリーに来ました。
どっかで見たことある人だな~と、ジーッと見ていたら、あっ、若大将!
そうだ、カーネギーホールでコンサート!
だからNYに来てるんだね。
わざわざギャラリーにまで来て頂いてご苦労様です。
かなり興味を持って見て行ってくれました!
私の説明で大丈夫だったかな?

また遊びに来て下さいね~☆
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-15 09:01 | +diary

DOMINICAN Day Parade

d0005157_0281978.gif6月のプエルトリカンに続き、今回はドミニカンパレードへ行きました。

ドミニカンとプエルトリカンって何が違うの?

同じアジア人でも、日本人と中国人、韓国人が違うくらい違います。
見た目ははっきり言って私には区別は付きません。国もカリブ海に浮かぶ隣同士の島。
その辺の違いは今度じっくり学ぶことにしましょう。

ドミニカ共和国の音楽は、サルサ・メレンゲ・バチャータです。
今回のパレードも当然ですが、この3種類がかかりました。特にテンポの早いメレンゲが多かったかな。時々レゲトンも聞こえてきたけどネ^^

見学中、ドミニカンの女の子が私に話しかけてきました。
誰っ?
前回一緒にMuseumに行った友達の娘さん(14才)ではないか~!
覚えていてくれた嬉しさと、この数万人いると思われる人込みから、よく出会えたという感動でいっぱい!そのあと、彼女と彼女の友達と私でパレードを見学しました。

今回のパレードは13時から、from37thSt~、6Aveで、うちの目の前で行われました。
気温は35度を超えていたでしょう。しかもサンダーストームが近いのか、湿度も高かったです。
約3時間のパレードも終わり、汗でびっしょり!あ~楽しかった☆
アパートに着いて数分後、土砂降りの雨が。こんなに降ったのは久しぶり。北上中のパレードはどうなったのでしょう?
d0005157_0314741.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-14 23:47 | +new york

Field trip編

学校に通っている間、2回Field tripがありました。
生徒の希望でどこに行くか決めます。

①Movie(7/22)
②American Museum of Natural History(8/5)

映画は「マダガスカル」を見ました。舞台はセントラルパークZOO&マダガスカル。子供も大人も楽しめる映画です。
マダガスカルを見る前に役立つブログです。読んだら見たくなると思うよ。

マダガスカル

私はペンギンキャラが好き!

Museumは3度目でしたが、今回が一番楽しく感じました。大人数で行ったからかな?友達の中には子供を連れて来た人もいました。一番下の6歳の男の子がとっても可愛くて、将来は絶対にカッコよくなるに違いない!今から仲良くしておきました。私をママだと思って「マミー」って声をかけた後のテレ加減が妙に可愛かった☆
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-13 23:15 | +diary

potluck party

d0005157_236827.jpg7/11から始まった1ヵ月コースの英語の授業が今日終わりました。
そこで今回もサヨナラPATYです。毎回のことだけど、みんなで食べ物を持ち寄ります。

前回はうなぎちらし。今回はいなり寿司にしてみました。寿司ネタが続きます^^;
ギニア出身の子が作ってきた煮込み料理がとっても美味しかった。

学校に行っているのか、遊びに行っているのか良く分からないね^^;
とっても良い生徒&先生でした。毎日学校に行くのが楽しみでした。

最後の最後に、先生は日本語を喋ってくれました!なーんだ、普通の日本人じゃないのさ~。
この1ヵ月間断固として日本語を話さなかった。それはやっぱり先生なりの考えだったみたい。
お世話になりました。
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-12 22:58 | +diary

"wisdom teeth"

親知らず

ここ数日間ずっと痛くて、バファリン飲んで何とか耐えていました。
親知らずが痛いのか、ただの虫歯なのか、痛みの原因も分からず毎日泣きそう。。。
こっちの歯科医療費は非常に高い(保険が使えても)と聞いているし、実際そうなんだろうな。
ごまかしも何時までも続けられる訳じゃないので、勇気を出していざ歯医者へ!
星の数ほどある医療機関からどうやって探すか。。。口コミしかないよ。会社の人に聞いて良さそうな歯医者へ行くことに。

完全予約制なので待たされることもなく早速診察台へ。
うわ~、小学校以来。。。この雰囲気に匂い。。。一気にブルーになる私。
早速レントゲンを撮り、どんな様子か見てもらった。
横向きに生えてしまった右下の親知らずがやはり原因だったみたい。しかもその隣りの歯が虫歯だって~。

先生「親知らずが原因だな~。今日抜くか抜かないか時間あげるから考えてみて。」
私「もう覚悟は出きてます。すぐに抜いてください!」


いきなり注射器(麻酔用)を持ち出し、手際よく準備を始める先生&助手。
私の口にスプレーを。何これ?

私「先生それ何ですか?」
先生「スプレーの麻酔だよ。」



そのおかげで、実際の麻酔の注射のときは、チクンをいう痛みを感じなくてすみました^^;
麻酔が効くまで数分待機。その間気分が悪くなる私。麻酔が効いて唾液が上手く飲み込めないし、違和感はあるし。

先生「窓を開けてあげるから、外の空気を吸ってみなさい。そのうち麻酔にも慣れてくるからね」と、やさしく先生。

---交通量の多い場所。排気ガスをいっぱい吸い込む私---

私「先生、気分良くなってきました。もう大丈夫です。」

---排気ガスで元気を取り戻す私---

最初にパノラマレントゲンを撮影。最近はこんなすごい医療器具があるんだー。ふーん。1人で感動。
再び診察台へ。。。
あの”キーン”という、いやーな音が私の耳元で。いくら器具がハイテクになっても、この音だけは消せないのね。次回は耳栓でも持参しようかな。
キンキン、ガリガリと削られること数分。

私「もう親知らず抜けたんですか?」
先生「虫歯の歯の治療が終わったところだよ。親知らずはこれから。」
私「・・・。」



これから想像もつかない世界へいかされるのでは、という不安でいっぱい。。。
結局親知らずの根っこまでは抜くことが出来ない歯だったらしく、出来るところまで削ってもらい、根っこはそのうち顎の骨となっていくでしょうとのこと。
右上の親知らずはほんの数分で簡単に終了。抜かれたのも気が付かないほど。

親知らずは痛くなる前に抜くべきだった。
みんなそう思って歯医者に来るんだってね。

あれから4日だった今は、違和感が残るものの美味しくご飯も食べられるようになりました。今週は消毒&歯磨き教室。今更だけど、歯って大事なんだなってあらためて思いました。
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-08-11 22:12 | +diary

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc