カテゴリ:+trekking( 10 )

秋の高尾山

d0005157_17191183.jpg
d0005157_17191286.jpg
d0005157_17191248.jpg
d0005157_17191317.jpg
d0005157_17191420.jpg
d0005157_17191565.jpg
秋も深まった頃、紅葉狩りに高尾山へ。
夜中の嵐で空気は澄み、富士山まで見えました!
雪化粧が富士山らしい。

[PR]
by yukicon-nyc | 2013-11-26 17:11 | +trekking

10/17高尾山!


先月のこと。
台風の翌日、高尾山へ。
晴天で空気の澄んだ日。

雨風の影響が出ていなければいいけど。。

登山するのにいくつかルートがあるけど、どこも全く道に影響はない様子。

稲荷山コースで山頂を目指し、帰りは一号路で薬王院経由し、琵琶滝に行けるルートを通って、6号路から下山しました。

景色は最高!
遠くは筑波山まで見えちゃった。
ちょうど高尾山の秋を告げる秋季大祭も行われていました。
d0005157_18292441.jpg

d0005157_18292530.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2013-11-10 18:14 | +trekking

表丹沢縦走コース 14.3km

新宿から6時台の小田急線に乗って、秦野駅へ。
今日は丹沢をトレッキング!
なのです。
3連休の中日&好天気だからか、登山客が多かった!
一時間ちょっとかかったので車内では爆睡^ ^

秦野駅はとっても綺麗!
バス停には、すでにながーーい列が>_<

これから向かうヤビツ峠まで行くバスは、臨時便も出るから慌てなくても大丈夫。
乗り切れないってことはないみたい。
でも、すし詰め状態のバスに45分も揺られなければならず、気持ち悪くならなきゃいいな、、
途中から山路に入り、うねうね〜。
揺られる揺られる~_~;

何とか無事にヤビツ峠に到着!
準備体操と装備チェックをしてしゅっぱーつ。
時計の針は8:30。
さらに登山口まで車道を歩くこと25分。
やっと入山口に到着。ここから最初に、ニノ塔山頂をひたすら目指して登る!!
1.5kmの道のりを400m上がっていくので、かなり急。
山林がなくなる頃、周囲の景色は最高!紅葉も始まり、山々が重なる景色に元気付けられました。
というのも、登りが思ったよりハードでさぁああ>_<
とん丸ちゃんはサクサクと先に行っちゃうし。。
登りに滅法強い奴です。

ようやく最初の山頂に着いたよ!!
ここで朝食☆
お腹が減っては先に進めないもんね。

次に目指すは三ノ塔山頂。
見えるんだよね。ここから山頂が!
と言うより、富士山最高!
d0005157_16545676.jpg


三ノ塔から登り下り、尾根歩き、鎖場など、色々と楽しむことの出来る道のりでした。
鎖場は結構危険な感じもしたけど、無事にクリア^ ^
尾根歩きでは、刻々と変化する富士山の顔を見ながら歩きました。
d0005157_16545626.jpg

d0005157_16545752.jpg


さてと、最後の力を振り絞って、塔の岳山頂を目指すぞー!
と、気持ちは盛り上がるものの、この最後の登りがまたキツい。
ここからは自分との戦いだー。
とん丸ちゃんは相変わらずサクサクと先に登頂しているみたい。ブー。
d0005157_16545868.jpg

d0005157_16545842.jpg

d0005157_16545924.jpg

とん丸ちゃんから遅れること10分。12:20到着。ヤビツ峠から3時間50分。

富士山最高!
ここからの眺めはいいね。
ここで昼食。
おにぎりの美味しいこと☆

さてと、次は大倉までひたすら下り。
残り走行距離7km弱、標高も1491mから300mまで下がる。

ここからとん丸ちゃん失速。
私だけ快適にザクザクと下って行きました。
もちろん、膝も太もももふくらはぎもいっぱいいっぱい。。。
トレッキングポール二本に助けられました!

15:15位に大倉のバス停に無事下山。
渋沢駅までタクシーで10分程度。
新宿へ向かいました。

既に足が筋肉痛!!!
[PR]
by yukicon-nyc | 2013-11-03 20:46 | +trekking

高山不動尊の奥の院

西武秩父線の西吾野駅からのトレッキング^ ^

連休後半戦の初日は、混雑が予想される奥多摩方面ではなく、秩父手前のコースを歩いて来ました。

総距離11km 4時間 高低差500mで、久々のトレッキングにはちょうど良い感じのコースでした。

d0005157_13545332.jpg

d0005157_13545495.jpg

d0005157_13545553.jpg

d0005157_13545511.jpg


天気も良くて歩きやすかった!
見晴らし台からの眺めも最高でした!
さすがにちょっと寒かったよー。

途中道に迷ったよ。
あと、近道コースを選んだら、ものすごい急坂で焦った〜>_<
[PR]
by yukicon-nyc | 2013-05-04 13:38 | +trekking

川苔山

9/17

台風15号が去ったあとの週末。
あの風雨でかなりダメージを受けているのではと思ったので問い合わせてみた。
橋が崩落した箇所があるけど、そこを通らなければあとは問題なしとのこと。
新宿から奥多摩まで行き、バスで15分程。

トレッキングシューズをしっかり履きなおし出発!

車道をしばらく歩き、まずは百尋の滝を目指す。
登山道は狭く折れた枝などが散らばりかなり足元は悪い。
崖崩れがあったと思われる場所を通過した時、上からゴロゴロとさらに崖が落ちて来た。
危ないよー。
d0005157_1022534.jpg


1時間半程で今回のハイライトと思われる滝に到着。
たくさん美味しい空気を吸った。んーー気持ちいい!
けどそれと同時に一休みしている人が吸っている煙草の煙も入ってきた。
テンションが一気に下がる↓↓↓
滝を過ぎてからが私にとっては辛かった・・。
川苔山まであと500m登らなきゃ。あと2時間がんばるぞ!
d0005157_10254285.jpg


やっとこさ1363mの頂上へ到着。
おにぎりが美味しい。そろそろお湯を沸かしてラーメンもいい季節になってきた。
上着を羽織らないとじっとしていると寒くなってくる。
d0005157_10265724.jpg


途中、崩落したと思われる橋が川の下流に。
頂上からはひたすら下山。
山の事故は昼食後の下山時に起こりやすいと聞くのでそこは慎重に。

それもそうだけど、とにかくこの山にはガマガエルのようなおっきいカエルがあちこちにいたよ。
もうそれだけは最悪だったよ。
ポールで突きそうになるんだもん。

川苔山:標高1363m
総歩行時間6時間
総歩行距離12.7km
標高差登り948m 下り1044m
[PR]
by yukicon-nyc | 2011-10-12 10:33 | +trekking
来週にはクリスマスを控え、気温もどんどん下がってきているとある日曜日。
奥多摩方面の高水三山へトレッキングに。
新宿から乗り換えなしで御岳山駅まで行ける電車に乗ったからとっても楽でした。
予定では隣の軍畑駅から登る予定だったのに、乗り換えが面倒なので御岳山駅で降りちゃった。

ここの駅で降りる人のほとんどが御岳山に行く人。
エンフォメーションセンターにも高水三山を目指す人用の地図が置いてない。。。
担当の人に聞いたら机の中から取り出して詳しく登山口までの行き方を教えてくれた。

駅の裏手の神社脇の山をひたすら登る。
まずは1つ目の山惣岳山を目指す。展望は開けていなく、網で覆われた古びた神社がぽつんとあった。
下山時はロープを伝って崖を降りるんだけど、指先が無い手袋をしていたら、寒くてかじかんでそれが辛かった・・。次回は軍手必須。

次は岩茸石山を目指す。ここまでは山の尾根伝いを歩くので高低差がないから楽。だから鼻歌も出て来ちゃうくらい余裕が出る。
この山は黒山や折れの棒山などの展望が素晴らしい!
ここで多くの人が昼食をとったらり休憩をするらしい。
で、うちもまたコンロでお湯を湧かしてスープとお茶を飲んで、おにぎり食べてパン食べて、おかし食べてバナナ食べて・・。とにかくお腹が空いた。歩くとお腹が空く。
まわりの人達もラーメン食べたりお湯湧かしたりしてるね。
でも長居は出来なかった。なぜなら寒いから。とにかく山頂は寒い!!
d0005157_162198.jpg



最後に目指すは3つ目の山、高水山。
前半に比べほとんど山は登りきった状態で歩くので、体力的には楽。おき楽モードに突入。
この山の山頂は展望なしでさらに無線中継のフェンスがあったりしてあまり気持ちのいいものではない。すすすーっと通り過ぎ、ここからしばらく下りが続く。
またいつも通りペースダウン↓下りは苦手。膝にはサポーターをしたし、新しい靴にしたおかげでかなり快適ではあったけど。何だか慎重になっちゃうんだよね。

あとはひたすら軍畑駅を目指す。
途中高源寺の中を通過。山中の古いいいお寺でした。
d0005157_16113687.jpg



下山すると気温が上がるけど、やっぱりそろそろ冬の準備して山に入らないと山頂は寒いです。
今年最後のトレッキングになりそうだな。
[PR]
by yukicon-nyc | 2010-12-19 15:42 | +trekking

初めての高尾山

秋の紅葉の季節も終わった高尾山。
それでも人気の山だけあって人は多いね。
コースがたくさんあるし、人がいるのもそれはそれで楽しい。

表参道を通る一号路からスタートして二号路から吊り橋がある四号路で山頂を目指しました。
山頂はさらにたくさんの人々がいて遠足気分。
それも結構楽しい♪
今回初めて持って行ったコンロを使って山頂でお茶を飲んだよ。
寒い季節なだけにこの温かいお茶が美味しい。
d0005157_1537941.jpg


d0005157_15373136.jpg


登山口付近のお店で買ったおにぎり。お米と塩味が絶妙!野沢菜最高!!
d0005157_15383075.jpg



帰りは川沿いを歩く六号路を下って帰ってきました。
渓流沿いは歩いていて楽しいから好き。

初めての高尾山。トレッキングというよりも楽しい遠足でした!
[PR]
by yukicon-nyc | 2010-12-12 15:26 | +trekking

御岳山

11/13 土曜日

最近はまっていること。
日帰りトレッキング。
この日は紅葉も見頃かなと思われる奥多摩方面へ行ってみました。
その中でも今回は御岳山と大塚山を巡って来ました。

多摩川渓谷沿い歩きや御岳山神社も行けて、さらに一気に400mかせげるケーブルカーにも乗ってずるっこしちゃったけど^^;

新宿から中央線で青梅まで乗り継ぎなしで行けるおくたま号に乗り、青梅から青梅線で御岳駅下車。
駅を降りるといきなり採れたてきのこがたっくさん売っていました。
これから山歩きが始まるyukicon達は買えなかったのが残念。。
d0005157_10161195.jpg


続いてちょうどお昼時に到着したので(本来はもっと早めに現地に着くべき・・)、近くの中華屋さんにて五目ラーメンを食す。まずは腹ごしらえ!
d0005157_1021792.jpg


駅からすぐ多摩川沿いに降りるともみじの紅葉が綺麗でした。
この日はラフティングのジャパンカップも行われていてとっても賑やか。
さらに岩に登る人達や釣り人もいて、アウトドアが盛んでした。
d0005157_10244988.jpg


d0005157_10272814.jpg


d0005157_10304279.jpg


そんな川沿いをさくさくと歩き、川を離れケーブルカー乗り場を目指すが、、
この道は普通の車道なので退屈&ずっと登りでキツい。
で、やっとこさ到着したケーブルカー乗り場。滝本駅から御岳山駅へ。
平行四辺形の車体が急勾配(最高25度10分)を物語っています。
d0005157_1036026.jpg


御岳山駅に到着すると開けた展望台があって、高水三山の展望が楽しみ、そこからさらに御岳山を目指すのですが、山上集落には茅葺き屋根の家が残り、懐かしい風景を見ることが出来ました。
d0005157_10404056.jpg


d0005157_10405321.jpg


樹齢千年のケヤキ。
d0005157_10431623.jpg


御岳山神社入り口。
d0005157_10434257.jpg


神社まで来たらまた来た道を戻って、大塚山方面のコースへ入ります。
ちょっと遅い時間だったので、人っ子一人いない山道をもくもくと歩き、あっという間に大塚山山頂に到着。特に展望が良い訳ではないので、ベンチで水を飲みすぐに出発。
やけにのどが乾くなーと思ったら、お昼に食べたラーメンのせいだと分かる。出発前の塩分摂取もほどほどに。
ここから大塚山登山口まで降りるのに、約3kmの道を700m近く降りるのですが、これが結構な下り!ゴツゴツ岩と木の根っこで足がとられ、お膝が悲鳴〜。
今日分かったのが、わたし、下りがとっても苦手ということ。
以前ねん挫をした後遺症か、左足首のケンがくるぶしを超えて伸びてしまうという現象が頻繁に起こり、それを避ける為ゆっくり歩きになるので時間がかかってしまったよ。
もうこれはポールに頼った方がいい!ということが分かったのが今日の収穫でした。
d0005157_112373.jpg


無事に日が沈まないうちに下山し、最後に多摩川の絶景を眺めながら青梅線古里駅に到着。
ここから青梅まで行き、青梅から新宿までのんびりと帰りました。
あー、何だかとっても楽しい山歩きでした☆
d0005157_1173147.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2010-11-30 11:07 | +trekking

奥多摩へ。

青梅線に乗って奥多摩へ。
たまには都会を離れ、日帰りで緑と川のある場所で楽しみたいな、と。

とは行ってもこの暑さ。
暑いのは仕方ないと思っていったけど、途中で雷雨となったから少しだけ涼しく感じました。

d0005157_125142.jpg


重なる山の稜線。雨が振っているのでちょっと幻想的な感じ。
古里駅から山道の途中のあずま屋から見た景色。

雨はいいけど、絶対に数メートル先で雷が落ちたよ!って思うくらいの大きなビリビリ音が。
泣く私。もう帰りたい。軽装すぎたので足の指のマメができて皮がめくれて痛いし。

そんなわたしを見てうちのだんなさん一言。
「弱虫」
そう言われても怖いし痛いし、、帰りたい。
でも何とかごまかされながら歩いたよ。
そのうち天気も良くなり、青空が見えてきた。
少し気分も回復。
足は痛いから絆創膏が欲しい。でもお店がない。
近くの人にお店がないか聞いたらこの辺りにはないと。
絆創膏が買いたいって言ったら、おばちゃんが絆創膏をくれた。
あーー、ありがたい!!本当に助かります。痛い思いをしたけど折れた心にハートが見えたよ。


d0005157_12174742.jpg


鳩の巣にある雲仙橋。キレイなお姉さんを連れた撮影会が橋の上で行われていました。
そこから鳩の巣渓谷を散策。迫力ある岩やキレイな多摩川を見ながらの散歩は気持ちい〜。

途中白丸ダムがあるので、魚用の魚道がありました。
これで魚も安心してダムを挟んで上流下流の行き来が出来ます。
d0005157_122343100.jpg


今日は5.3km 8172歩 1時間40分のお散歩でした。
[PR]
by yukicon-nyc | 2010-09-01 12:24 | +trekking
5/2(日)

飯森山から美し森へ抜けるのに幹線道路を一部歩かねばならないので、そこはピクニックバスを利用。
5分も乗ると美し森入り口に到着。

このコースはトレッキングというよりはハイキング。
牧場を抜けながら八ヶ岳、南アルプスの眺望を楽しみながら歩きました。
d0005157_11404634.jpg


d0005157_11405931.jpg


牧草の緑と山々の組み合わせが高原に来たー!という感じにさせてくれます。
シートを敷いてお昼寝をしたい気持ちになります。

それから向かったのは清泉寮。
清里の父と呼ばれるアメリカ人のポール・ラッシュ博士が教育キャンプ場として創設したのが始まり。
観光スポットでもあり、宿泊施設もあり。
d0005157_11463245.jpg


清里代表の動物”やまね”日本に1つしかないやまねミュージアムでやまねが見たくて行ったけど、本物のやまねはいなかったのです。残念。。
やまねってこんな生き物。↓
d0005157_11523245.jpg



やまねが見られなくって落ち込んでいたけど、今日の夕食も美味しかったです☆
d0005157_11544882.jpg


d0005157_1155610.jpg


d0005157_11552633.jpg



毎晩のことですが夕食後は、萌木の村にあるロックで地ビールを飲み、隣にあるホテル、ハット・ウォールデンの中にあるbarでカクテルを飲みました。
バーテンのお兄ちゃんがこれまたカワイイのー。
清里にまた来たら、最後はここのbarで締め!
[PR]
by yukicon-nyc | 2010-06-03 12:00 | +trekking

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc