Sex and The City

5/30公開から3週間。
そろそろ劇場も空きはじめているだとう・・・と思ったので観てきました。

思ったとおり、席には余裕もあって、ゆっくりと観られました。

予想とは逆に、観に来ていた人のほとんどが、老夫婦・・・。
これには私もビックリ。

映画鑑賞前に、ドラマのおさらい。
友達から日本で発売されているSATCのDVDを、シーズン1から6まで日本語字幕付きでぶっ続けで観たおかげで、私は自分がキャリーなんじゃないかと勘違いしてしまうほど、はまりました。
ちなみにこんな私でも???って思ってしまうような字幕もあったので、英語でパーフェクトに聞き取れるにこしたことはありません。
永遠の課題です。
これだけ順を追ってきちんと観たのが初めてだったから、バラバラだったストーリーがやっと一つにまとまりました。

それからやっと映画が観られるって訳です。

えーっと、映画の内容については事前に何も調査もしていなかったので、話しの展開に驚いたりとかなりエキサトしました。

あっ、あそこのレストランだ!ここ行った!とか知っている場所がたくさん出たのも面白かったし、何故ブライアントパークに季節外れの中途半端なファッションショーのセットがあったのかも、雪がたくさんあったのかも分かった。
私の思い出の場所や大好きな場所もたくさん出てきました。

過激なシーンは思ったよりも少なく、年齢のせい?って思ったりもしたけど、映画の中ではみんなそれぞれいい意味で大人になっていました。

それと全然関係ないけど、映画の中でたくさんのスポンサーが目に入ってきました。
いい宣伝になるよね。映画で使われれば。
もう一度、いや、もう二度は観たいね。

ちなみに映画の初め、ドラマの回想シーンやNYの風景が映るのだけど、私は始まって1分で泣き始めました。
ライオンキング以来、心に打たれるものがありました。
↑大げさだねー。

d0005157_4241882.jpg

[PR]
by yukicon-nyc | 2008-06-20 03:55 | +movie

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc