幻のウルグアイ&アルゼンチン・タンゴ

1/15 ウルグアイに行けなかった日。

ブエノスアイレスの街にも慣れ、今日は高速船で1時間の場所にある国、ウルグアイへ行く予定でした。

しかし私たちが思っていた以上にその高速船は人気があり、当日のチケットはすべて
SOLD OUT
唯一残っていたチケットも夜の便でさらにファーストクラスのみ。

せっかく楽しみにしていたんだけど諦めました。しょうがないね。

予定を変更し、まだブエノスアイレスでも行っていないパレルモ地区へ行くことにしました。

が、1つ計画がなくなってしまったのですっかりダラダラモード。

外は暑いし、車の排気ガスで結構ブルー

地下鉄に乗って(この頃にはかなり地下鉄には慣れてきた)、パレルモ地区へ。

そこはNYのSOHOのような、あるいは東京の裏原宿、表参道のような・・こじんまりとしたお洒落なショップ、レストラン、カフェが多いのです。

今日は特にこれっと行った用事もないので、その周辺をブラブラと散歩。

途中で雲行きが怪しくなったと思ったらスコールが!
私には恵みの雨に思えた。
もっと降って~と思ったけど、アスファルトの温度が下がるまでも降らず、結局蒸し暑さだけが残る、何とも過ごしにくい気候へと逆戻り。
NYのドライな生活に慣れた私にとって、この湿度は体力をかなり消耗させるものでした002.gif

雨が降ったので、目についたレストランで遅い昼食を。

何気にお洒落な雰囲気のレストラン。席は二階の窓際を確保。

d0005157_148010.jpg

これ、ものすっごく美味しかったです。
そしてこういった気候は、普段はあまり飲まないスパークリングウォーターが飲みたくなります。

d0005157_150771.jpg

これがパレルモ地区の街並み。


その日の夜 アルゼンチン・タンゴ

ブエノス・アイレス最後の夜のお楽しみ♪は、、、アルゼンチン・タンゴショー!

今回泊まったホテル周辺はタンゴショーのお店がたくさんあるので、ホテルの人にお勧めのお店を聞いて予約して行った。
基本的にそのようなお店は観光客向けのショーなので、連日そういった人たちで賑わう。
お値段もそれなりにする。

私たちが行ったのは、El Viejo Almacenという、老舗のお店。

そのショーはこんな感じでした。

d0005157_2235316.jpg



d0005157_231353.jpg



d0005157_232346.jpg



d0005157_2323412.jpg



d0005157_233425.jpg



とにかくスゴイ!!

アルゼンチン・タンゴ、そうとう来てます!!

あの足使いは・・・一体どうなってんの~?

官能的でキレもあり、情熱的なダンスでした。

ダンス以外にも、歌の時間、アコーディオン演奏の時間、民族楽器演奏の時間もありました。

出来ればダンスだけでいって欲しかったです。

今晩は眠れそうにもありません。

そして今日が最後のブエノス・アイレスの夜でした。


・・・宿泊したホテル・・・

d0005157_2421419.jpggurdaTango&Winery Hotel
7部屋しかないこじんまりとしたモダンなホテル。
受付の方たちはとっても親切で何でも精一杯お手伝いしてくれます。
空港へのコレクディーボでの行き方を聞いても正確な答えは帰ってきませんでしたが。。。
お部屋には窓がなく(私たちの泊まった部屋は安かったから・・・)、洗濯の乾きが遅かった。
水周りもモダンにしすぎたためか、使い勝手は悪かったけど、全体的に私は満足。
朝食はvery good!!日系アルゼンチンの人がいたけど、日本語は微妙でした。
[PR]
by yukicon-nyc | 2008-01-15 18:26 | +travel

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc