スプリング・トレーニング始まりました

2007年10月8日の最後の試合から約4ヶ月振りのヤンキースネタ。

このオフ・シーズン、ヤンキースにとって、MLB界にとって、色々とありました。

移籍問題はもちろんのこと、特に薬物使用問題が大きく取り上げられ、それに伴い、ドキドキしちゃった選手、関係した人々、ゆっくり休養するどころか、シーズン以上に緊張したオフだったことと思います。

毎日のように採り上げられる、薬物疑惑問題の記事。

ファンだって、無視する訳ににはいきません。

私にとっても重要な人物二人ももちろん、新聞各誌を賑わしています。

ロジャー・クレメンス と アンディ・ペティット

ここで彼らの生い立ちや、オフに何が起きたかなんかの詳細は書かないけれど(MLBファンなら知っていることなので・・・)、今後の彼らの行方が気になるところです。

d0005157_8401812.jpg
2/18にアンディ・ペティットは取材陣を前に、謝罪会見をしました。
彼はHGH(人成長ホルモン)を過去に使用したことを認めていましたので、Sトレーニングが行われたタンパで関係者、ファン、家族へ謝罪しました。


彼は過去の過ちを認め、子供たちへ謝罪し、自分と同じような過ちを子供たちに犯して欲しくないと伝えた姿は、好感が持てました。
もちろん、2008年、優勝することで最終的に償ってもらうことにしましょう。
がんばって!


方や、ロジャー・クレメンスですが、ゴチャゴチャやってます。
彼が薬物を使用していたのかしていないのか分からないけれど、私は限りなく黒に近いと思いました。(ペティットにも彼は使用したって言われてるし・・・)
クレメンスは先週行われた公聴会の場では、はっきりと薬物使用を否定しました。
とにかく長時間の公聴会だったので、私はすべて中継を見ることは出来なかったけど、クレメンスの発言は残念ながら言い訳や言い逃れを必死にしているようにしか聞こえませんでした。
本当に無実ならもっとはっきりと、堂々としていいものを、何だか落ち着きなく見えたのは私だけでしょうか。

真実を知るのはクレメンス本人とブライアン・マクナミー元トレーナーだけ。
どちらかが嘘をついている・・・と言うのが分かっているので、テレビでの二人の姿が何だか不思議に見えてきました。
小学生同士が嘘つきごっこしているんじゃないんだから。
大人はどんな手段を使っても勝とう、自分を正当化しようとするの。
私にはクレメンスがどんどん深みにはまって行くような気がしてなりませんが・・・。

何だかんだと色々と書いちゃったけど、久しぶりにこの方の姿を見たので、実はこの記事の写真を載せたかったのだ011.gif

d0005157_8391580.jpg


[PR]
by yukicon-nyc | 2008-02-19 07:57 | +yankees

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc