~憧れのイグアスの滝へ~

1/14イグアスの滝

ブエノス・アイレス3日目の今日は日帰りでイグアスの滝へ。
国内線の空港から飛行機で1時間45分程なので、十分日帰りで楽しめます。

しかーし、出来れば避けたかったのに、朝から大問題が発生!

ホテルからコレクディーボと呼ばれる市内バスに乗り空港まで行こうとするも、大遅延&目的地に着かず、途中で降ろされはめに。

ここは何処?状態でとりあえずすぐにタクシーを拾って空港まで。

この時点で飛行機出発15分前007.gif

私、今回の旅でこのイグアスの滝を一番楽しみにしていたのに。。
本当に行けるの?  グスン・・・007.gif

しかし、こんな状態で飛行機の時間に間に合うはずもなく、最初っからコレクディーボなんかに乗らず、多少高くってもタクシーに乗って空港へ行っておけば良かった。。という後悔で、涙で前が見えない状態。
ダンナとも大喧嘩寸前・・・。
(彼はイグアスはどっちでもイイ派・・・・だから最悪行けなくってもまぁいいかって感じ)

移動タクシーの中、明日の予定を変えてイグアスに行けるか、他の便で行けるか・・・と頭の中はいっぱいでした。

15分ほどでタクシーは空港に着き、掲示板の発着便を確認すると、、、、

10:35発の飛行機がDelayで、17時発に・・・・・・・・・・

どっちみち出発が遅れていたから、バスが遅れてもあまり関係なかった。

それにしても出発が17時って・・・。

夜の19時に着いたって、滝、ゆっくり見られないよ。
しかも帰りの便はどうする?一泊するにしてもホテルは?
どっちにしても今日は行かれないかも・・・。

冷静になって空港内を見渡すと、ものすごい人の数!
もう一度掲示板を見てみると、ほとんどの飛行機が DELAY

でもでもぉ、バスが遅れても、飛行機が遅れても、神様は私たちを見放してはいませんでした~。

なーんと、朝7時出発の便が、11時に変更になっている。
これに乗ることが出来れば滝に行ける!!
カウンターにやっとたどり着き、2枚の席の空席確認。

この時点でその11時の機出発10分前

空席があり、何とか変更出来た。
あとはゲートまで猛ダッシュ!

はぁはぁと息を切って入ってきた私たちとは別に、機内では朝から待ちぼうけを食らってしまった人々の疲れきった顔・・・。

ひえ~、イグアス行くのにこんなに大変なことになるとは思ってなかったよ。
トホホ008.gif

飛行機乗ること1時間45分。
午後1時に無事に空港に到着。写真はブエノスアイレスのホルヘ空港。

d0005157_4205128.jpg



気候区分は温帯気候(多湿)の為、湿気が高く気温も高い。
今日はまだ35度くらいだったみたいだけど、この時期40度はあるそう。

ちなみにここの空港から公園入り口までの交通手段は個人だと、タクシーだけ。
最初にかなりの高額の料金をふっかけてくるので、交渉しましょう。
それでも現地の物価から比べると相当高い。
ちなみに私たちは往復2人/ARP120になった。
帰りも公園入り口に迎えに来るということだったので(それも信用していいかどうか・・・)、料金は行きには一切払わず、帰りにまとめて払うことに。


(あとでタクシーのハゲツルのお兄さんとトラブルになるとは、この時思いもしなかった・・・。)


時間が限られているので、早速滝目指して公園内を走る鉄道へ。
2002年からそれまでバスで公園内を移動していたけれど、環境保護の観点から鉄道へ切り替えたとのこと。
この鉄道、30分おきにしか走っていないので、急いでいた私たちにとっては、ちょっとの待ち時間がおしかった。

そして最初に行ったのは、Upper Circuit で滝を上から見下ろすことが出来る遊歩道。

d0005157_4245113.jpg



d0005157_4251636.jpg



遊歩道を歩いていると、たくさんの蝶、鳥、イグアナ、そしてアナグマまで見かけました。
以前はサルや大型の鳥も多くいたようだけど、最近は全然見かけなくなってしまったそうです。

ジャングルから覗く数々の滝は物凄い勢い。
気持ちよ~く歩いていると、前を歩くおっさん、歩きタバコ022.gif

遊歩道でタバコはどうなの~??喫煙場所とか休憩所で吸ってよね~。
多分その吸殻を滝やその辺に捨ててるんだよ。
だいたいこういったところで吸う奴は、ここに来る価値も意味もない!
早く帰ってください。
奴がタバコの吸殻をどうするか見ていて注意をしたかったけど、何せ歩くのが遅いんで抜かしたから見届けられなかった。
今でも思い出すと腹立つわ。

さ、気を取り直してまた鉄道に乗って、イグアスの滝最大の、 ”悪魔ののど笛” を目指します。

d0005157_4383796.jpg

これが公園内移動に使われる鉄道。乗れる人数が限られているので、特に夏のトップシーズンは並んでも乗ることが出来ない人も出てくる。出発よりもちょっと早めに列に並んだ方がいいね。

d0005157_4415348.jpg

炎天下の中、こんな感じの遊歩道を1.1キロ歩く。水と帽子は必須。
やっと滝が近づいてきたところ。水しぶきが見えてきたよ~。

d0005157_4435858.jpg

展望台から見える、ブラジル側のたくさんの滝。この滝が何キロも続くのです。

d0005157_4531654.jpg
これがイグアスの滝ハイライト、”悪魔ののど笛”
思ったよりも水が濁っていなかった。
キレイというよりも、恐ろしい感じ。轟音がそう思わせるのかな。

ルーズベルト元米大統領夫人が

「ああ、かわいそうな私のナイアガラよ」

と嘆いたという逸話もあるほど。

d0005157_5101155.jpg

ブラジル側の滝がどこまでも続きます。

d0005157_5105384.jpg

悪魔ののど笛にかかる虹。

これで一通りイグアスの滝を見ることが出来て、大満足な私。

あとは帰りのお迎え17:30に頼んだタクシーを待つのみ。

と、待ち合わせの時間から10分経っても現れる気配なし。
帰りの飛行機の時間もあるので、待機していた他のタクシーに乗ることにしちゃいました。
遅れてくる方が悪い!

そのタクシーは片道ARP50だったから、最初のお兄さんの運賃よりも安い。

空港に無事に着き、迎えに来なかったハゲツルのお兄さんにも会うこともなく、ゲートの入る列に並んでいると、いきなり後ろからハゲツルのお兄さんが、家のダンナを見つけ、どっかに連れて行ってしまった。
私はその後彼らを見失ってしまったので、ゲート前で待つことに。

10分・・・15分・・・20分・・・・

来ない。

これ、何か事件に巻き込まれたかも・・・・とかなり焦り始めた。

トイレに監禁?ボコボコにされてるかも。。。

とりあえず警察に行かねば!!

と、ウロウロし始めた私の前に、怒りの顔をしたダンナが現れた。

とりあえず無事に帰ってきたので一安心だけど、本当に今回ばかりは心配した。

何があったか聞くと、まず最初に空港内にある交番に連れて行かれ、その前で二人で話し合いをしたと。警察は特にどちらの肩を持つ訳でもなく、二人の話を聞くだけ。

こちら側の意見としては、約束の時間に来なかったそっちが悪い。
もちろん、公園へ送ってくれた行きの分は払うと主張。

ハゲルツのお兄さんは、最初の契約が往復だから往復代払えと。

おいおい、約束の時間に来なかったのに偉そうに往復代払えだとぉ?

結局片道分+αを払わされたそうな。

こっちも飛行機の時間が迫っているから、これ以上の交渉、というか言い合いは無理だと思ったとのこと。

世界遺産でもあるこの場所でこんなイヤな思いはしたくないから、早いとこ国が公共のバスか何かを走らせるとかして対策を立てて欲しいものです。
ちなみにタクシーで空港から公園まで10分ちょっと。
料金一律にして欲しい。値段交渉って結構面倒だったりするんだよね。
私は嫌い。

後味の悪いイグアスの滝になってしまったけど、それも後日笑い話に変るだろう。



さて、今晩はといいますと。。。

これまた肉!なのでありました。

アルゼンチンに来たら、無理してでも肉を食べないと、何だかもったいない気がしてしまいます。

d0005157_5342681.jpg



d0005157_5364640.jpg

毎晩夜遅くまで盛り上がる、トレーゴ広場。
[PR]
by yukicon-nyc | 2008-01-14 03:17 | +travel

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc