'06南イタリア2/2(ラベッロ(アマルフィ海岸)、マテーラ、アルベロベッロ、トラーニ編)

7/3(月)
アマルフィ海岸まだ続きがありました。
ラベッロです。
アマルフィの町からバスで行きます。バスもそんなに頻繁に走っているわけではないので、時刻表と常に睨めっこ。
ここは断崖の上にある町でアマルフィ海岸の眺望が得られ静かなクラッシックが似合う町です。
毎年7月には海の見える庭園でワーグナー音楽祭が開催されるそうです。
d0005157_612047.jpg


そしてここまで来たらココへ行かねば!ヴィッラ・チンブローネ。銅像の並ぶテラスですが、そこからの眺めは絶景。ブラボー!
d0005157_6145816.jpg


さていよいよまたバスを乗り継いでアマルフィ海岸の端にあるサレルノヘ向かいます。
ちょうどシエスタの時間に到着したので、ほとんどのお店が閉まっている中で、唯一開いていた海岸通り沿いにあったピノキオというレストランで遅いランチをとりました。
何気なく入った割りにすっごく美味しくて大満足です。トマトソースのシーフードパスタ。

何故この町に来たのかというと、これからレンタカーを借りるからなんです。
ここから内陸を通り、長靴のヒールあたりまで移動となります。

そして最初の町、マテーラを目指します。

マテーラはバジリカータ州にあり、ユネスコ世界遺産として登録されている、洞窟住宅”Sassiサッシ”が有名です。この日はこの洞窟住宅に泊まる予定。
ここは実際に行って見ないとすごさは伝わらない。
d0005157_6302388.jpg


d0005157_6312750.jpg


サッシの夜。ちょうど音楽祭が行われていたのです。ミレナリオっぽいね。とってもキレイでした。
d0005157_6333578.jpg


7/4(火)
翌日は車で東の方へ移動します。
とんがり屋根が可愛らしい、日本の白川郷と姉妹都市の、アルベロベッロ。
トゥルッリという白い壁に灰色の円錐型の屋根を持つ建物がぎっしりと並んでいます。
かなり観光地化されているため、お土産屋さんも多く、日本語も少し話す人もぼちぼち。
そして今回の旅で初めて日本人をたくさん見かけたのもこの場所でした。
d0005157_635553.jpg


さてと、ここまで来たらもうすぐアドリア海沿いにある町バーリへ着きます。
ここでレンタカーを返却し、電車で一時間ほど北へ行ったところにある、トラーニへ美味しい魚介類を目指し移動です。
本当にこの町へは美味しいものを食べるだけ。
と思っていたらとんでもない時期と重なり、美味しいもの+サッカー三昧となりました^^;
トラーニは港町。夕日がいい感じでしょ。
d0005157_6481886.jpg


そしていよいよお楽しみシーフード三昧!
前菜で出たオクトパスがすばらしく美味しかった~。
このレストランにはメニューがなく、ウエイターさんも英語が話せず、いつもお世話になっている”旅の指差し会話帳”を使ってオーダー。
特に問題なく注文が出来ました。
d0005157_653061.jpg


食事の後はサッカー観戦です。
イタリアvsドイツ。
どこのレストラン、バーへ行ってもみんながそれに釘付けです。そりゃあそうだよね。決勝進出がかかった試合、しかも相手は開催国ドイツ。
個人のおじさんが経営するお店に入り、地元の人と一緒に私たちも観戦です。
一緒に観戦しているイタリア人のおじさんに、どっちを応援しているんだと聞かれ、もちろんイタリアだよって。(ここでドイツって言ったらどうなっていたことか。。)
この試合はPKで決着がついたけど、イタリア勝って良かった~って思ったよ。
d0005157_711630.jpg


その後繁華街の方へ移動したら、勝利のお祭だ~っといった感じで、車のクラクションはうるさいわ、爆竹や花火があちこちで鳴るわ、踊れや歌えですごかったというかちょっと恐怖を感じたわ。(写真:火事か何かですか?)
d0005157_721856.jpg


そんな感じで夜は(というか朝まで)周辺は賑わっていました。
(これで優勝したらどうなっちまうのか?でもいいねそんな経験が出来てさ。。。ガンバレニッポン!)

7/5(水)
翌日は電車の時間まで町の観光名所を訪ねたり、シーフードのランチを楽しみました。(写真:トラーニ城)
d0005157_76644.jpg

d0005157_77278.jpg


美味しいランチの後は電車移動です。昨日乗り継いだ町バーリを越して更に南下。
ブリンディシ。
ここはギリシャへ行く船の出発点でもあるので、町にはイタリア語とギリシャ語の両方の文字が目立ちます。何となく活気のある町。
私たちは予約した船のチケットをもらいに行くために、バスに乗って移動する予定だったけど、時間がせまっていたのと、バスが来る様子がなかったということで、仕方なくタクシー(10ユーロ)を使用。距離と時間とタクシーの必要度から言ったらボッタクリな料金でもなかったのでヨシとしましょう。
窓口で無事にギリシャ行きの船のチケットをゲット。
これでイタリアともお別れ。
美味しい料理ともお別れ。
いよいよ20時頃から乗船開始し、出航は21時。
船の部屋は二段ベッドのバストイレ付き。(2人で$114)
雑魚寝や共同バストイレっていうのもあって、そっちの方が値段を抑えられるけど、さすがにそれは、、、自分がまだ若い学生とかならともかく。旅の疲れはその日の内にとりたい。だから睡眠は重要なのです。私にとって。
d0005157_7241018.jpg



'06ギリシャへ続く、、、
[PR]
by yukicon-nyc | 2006-07-03 06:02 | +travel

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc