”Derek Jeter”

d0005157_8162081.jpg
先日学校で1人ずつプレゼンをしたんですけど、私、とうとうやっちまいました。

「A famous person from your country or the USA」

彼しか思い浮かばず、松井と悩んだ結果、やっぱり大好きなジーターについてプレゼンしました。

日本人の他の人たちは、オノヨーコ、野口英世など、歴史上の人物やアメリカ人だけでなく世界中で有名な人物を選んでいます。

私だけ現役NYYの選手。
しかも、ベーブ・ルースやルー・ゲーリッグ、ジョー・ディマッジオなどの歴代の選手を選べばそれっぽいものの、ミーハー度100%!丸出しですっ。

いいの、一人でも多くの人に彼のことを知ってもらいたいから。
ただそれだけ。

せっかくNYに住んでいるんだもん、やっぱり知っていてもらいたいしね。
NYYの回し者でもなんでもないんですヨ。

前置きが長くなりましたが、ちょっこと彼のことをお話しておきましょうね。

name:Derek Jeter
born:June 26,1974
birth place:Pequannock,NJ
hight:6'3"(191cm)/weight:195lbs(88kg)
bats&throw: right
No:2
position:short stop
MLB debut:May 29,1995

ちなみに元彼女はマライア・キャリー(1998頃)。結構本気だったっぽいネ。
それ以外にも多数の女性との噂あり(あくまでも噂なので事実かどうかは?)

小さい頃から野球が大好きで、特におばあちゃんがNYYファンだったそうで、その影響もかなり受けているようです。
父親がもともとショートを守っていたということが、彼がショートに興味を持った理由。(本当はピッチャーがよかったらしいけど^^)
小学生の頃は、「NYYのショートを守ることが夢」とかなり具体的な目標。
高校に入ると打率は5割を超えていて、かなりの有名人だったらしいです。

1992年にNYYに入団(ドラフト一位指名)
1992-1994年はマイナーリーグ入り。ここでいきなりプロの壁にぶつかったが、ポジションにこだわりがあるのでショートの守備を猛練習をして鍛えた。
1995年メジャーデビュー。15試合に出場したが、まったく結果が残せずマイナー落ち。
1996年、当時ショートを守っていた、トニー・フェルナンデスに変わり彼がレギュラーを獲得。トニーはデレクに守備を奪われたため、他球団に移籍してます。
相変わらず守備の甘さが目立つが、シーズンを通して活躍し、この年新人賞を獲得。同時にヤンキースもワールドシリーズチャンピオンとなる。
その年から、1998,1999,2000年とヤンキースはチャンピオンリングを手にしています。
2003年、NYYヤンキース11代目のキャプテンに任命。
2004&2005年、ゴールデングローブ賞を獲得。

とまあ、これが簡単な彼の経歴です。
彼自身、休みの日は部屋でゆっくりすることが好きだと言っていますが、去年、超有名NYヤンキースオーナー、ジョージ・スタインブレナーから夜遊びしすぎと注意を受けたそうです。
ほどほどに。。。

最新ニュースとしては、WBCのアメリカ代表として出席することが決まったことです。
ところで松井選手はどうなるのでしょうか?
是非日本代表として、アメリカやドミニカ共和国と戦って欲しいです。
そのときはきっと日本を応援しますよ。
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-12-01 07:25 | +yankees

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc