2006年に期待。

10/4から始まったデビジョンシリーズ、ヤンキース負けちゃいました。。。
今年は地区優勝止まりでしたね。

それにしてもデビジョンシリーズ、最終戦にまでもつれ込むとは思いませんでした^^;
相手、アナハイム・エンジェルスは強かったです。
初戦ヤンキースが勝ったとき、これはいけるぞ!と思っていましたが。。。

今日の試合は、序盤はヤンキースが試合を引っ張るかたちだったけど、後半流れは完全にエンジェルスへ。
松井くんも5打数0安打と彼自身納得のいかない結果だったことでしょう。
だた、外野の守備は完璧だったと思います。
特にレフト側の観客席に入りそうなフライを見事にキャッチ!さすがって思いましたネ。

シェフとクロスビーの外野フライキャッチの際の衝突は痛かった^^;
お互いの掛け声も消されるほどの相手チームの歓声が、激突に繋がってしまったのでしょうか。
「あれは完全にシェフが取る球だった」と、解説で言っていたようですが、足の早いクロスビーも自分が取れる球だと思ったのでしょう。
試合後キャプテンジータは、「厳しいプレーだった。しかしそれは試合の一部に過ぎない」と彼らしいコメント。

そしてジアンビの守備。
一塁から三塁に投げるべき球をホームベースに投げた時、解説者がジアンビの肩の悪さを指摘していました。

何度も逆転のチャンスがあったのにそれをものに出来なかったのは、今年のヤンキースのすべてを語っているようでした。

7回にジータがソロホームランを打ったので、2点差なら何とかなるぞと思ったものの、結局攻撃もそこまで。
最後は松井くんが最後の打席で今シーズンの幕を閉じました。

結果はどうであれ、今シーズンたくさん楽しませてもらったヤンキースの選手に、どうもありがとう☆

~既に私の気持ちは2006年のシリーズに向かっています~
d0005157_058448.jpg

              Torre: "This was more disappointing than last year."
[PR]
by yukicon-nyc | 2005-10-10 00:21 | +yankees

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc