⑧フランス・イタリア。スイスの旅(Alp Gum,Diavolezza&St.Moritz)

d0005157_505121.jpg
ベルニナ急行=スイスの東端、サンモリッツとイタリアの町ティラノを結ぶ鉄道。
沿線に広がる大迫力のアルプスの氷河の風景で人気がある路線です。一般的に氷河急行が人気があるけれど、最近はこっちも人気があるらしいです。
この電車に乗って(実際は急行には乗らずに、同じ路線を走る普通列車に乗車しました=ベルニナ鉄道)、スイスを代表するリゾート地サンモリッツを目指します。
途中で、パリュ氷河の眺めが楽しめ、駅にあるテラスレストランで食事も出来る、Alp Grum(アルプ・グリュム)で下車しました。ここは標高も高く(2091m)かなり寒かったです。日本人観光客も少しずつ増え始めました。ハイキングコースもあるので、時間がある人は是非お勧めです。
その後、3000m級の山々を展望するのにちょうどいい、ベルニナ・ディアボレッツアへ。駅のそばにあるロープウェイで展望台へ行きます。ここも非常に寒く、軽装の私たちは逆に目立ってました。スイス旅行者は山歩き用のきちんとした格好でいる人が多いです。空気が薄いので、激しく動くことは厳禁。ここから歩いて下山する人も多くいますが、あまりの寒さのそれは出来ませんでした。きちんとした防寒対策が必要ですね。
またまたベルニナ鉄道に乗り、今日の宿泊予定のサンモリッツへ。今日は宿泊ホテルを決めていないので、到着したら探さないといけません。リゾート地なので簡単に見つかるでしょう。
サンモリッツはベルニナ鉄道終点の駅です。ここから氷河急行に乗り換える人もいれば、チューリッヒヘ行く人もいれば、ここを拠点にハイキングなどを楽しむ人など様々です。
早速ホテル探しからですが、インフォメーションセンターでホテルの情報をもらい、ロケーションや料金などを考慮し、今回はHotel Eden Gaeniに宿泊です。

素敵なホテルも見つかったところで、これから私たちもハイキングへ出かけます。
サンモリッツの湖の周りに広がるサンモリッツの町は広くはないですが、たくさんのアウトドアが楽しめます。サイクリング、ゴルフ、ウィンドサーフィン、ヨット、乗馬、ロッククライミング、フィッシング、そして週末になると何かしらのイベントがあるようです。この週末には、クラッシックカーのイベントがあるようで、リッチな趣味を見せ付けられました。
私たちはサンモリッツから森の中を2つ先の駅まで歩きました。青空と白雲、頂に雪の残る山々を見ながらハイキング。私の想像していた以上に気持ちが良かったです。馬もたくさんいました!乗りたい乗りたい乗りたーーーい。
d0005157_456448.jpg

d0005157_4581560.jpg

ハイキング中に、2匹の犬(ラッセルテリア)を散歩中の素敵な夫婦に会いました。あまりの犬の可愛さに釘付けになっていると、飼い主のおじ様が、僕の犬と君たちを一緒に写真を撮ってあげるよと!うわ~うれしい~。きっとその夫婦も自分の子供達がかわいいと思われて嬉しかったに違いないでしょう。犬を連れて歩いている人を見ると話しかけたくなるのは私だけでしょうか?
d0005157_5163429.jpg

今晩は始めてのスイス料理に挑戦です。実は私、レストランでのスイス料理って食べたことないのです。本場のチーズフォンデュ、やっぱり試してみたいですよ。そこで見つけたのが、ラ・マグルナホテルの1階にこっそりとある、スイス料理中心のレストラン、"Stuvetta"15人も入ればいっぱいになってしまくらい小さなレストランだけど、木をたくさん使った、可愛くて素敵な内装でした。ここでの注文はやはり、チーズホンデュ。そして、スープで煮込んだ肉料理の付け合せにレシュティ。短冊状のポテトをフライパンで両面をこんがりと焼いたものです。どれもこれも美味しくて、白ワインも進みました。しかも、チーズホンデュのチーズもアルコールがかなり効いていて(白ワインの量が多いみたい)、かなり酔っ払ってしまいました。。。いやー。この旅一番酔いました~。でもスイス料理が美味しかったのでしょうがないのです。
その後、さらに美味しいお酒を飲みに行こうと、「世界一のウィスキーコレクション」としてギネスに2度載ったことのある、湖畔ホテル「Waldhaus am See」内にあるバー"Devil's Place"へ行きました。ここは2500種類のウィスキーがそろっていてスイス一とのこと。うちのダンナさん、スコッチ好きなので子供のようにはしゃぎまくりです。バーテンも探すのが大変だろうなと思うけど、壁中にアルファベット順に並んだ桁外れのウィスキーの数には本当にびっくりです。そのうちにバーテンのおじさんとお客さんの夫婦と仲良くなり、カウンター越しに話が弾みました。バーテンのおじさんも機嫌が良く、ウィスキー2杯もおごってくれました。ご馳走様です。サンモリッツに住んでいる夫婦は世界中を旅行しているそうです。言葉も5ヶ国語も話せるそうで、頭が下がります。よほどお金にゆとりのある方たちかと思えば、近くの郵便局で働いているとのこと。日本とは休みの取り方や、使い方が違うな~と関心しました。心にゆとりのある人達でした。気が付けば午前2時。寂しいけれど、またいつか会うことを約束してホテルへ戻りました。素敵な旅の思い出でした。今日の宿泊ホテルです。
d0005157_614771.jpg


[PR]
by yukicon-nyc | 2005-07-02 03:56 | +travel

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc