北海道(道東)の旅 3泊4日

いやいや、今回の北海道旅行は天気に恵まれず、楽しみが半減の旅となってしまいました。。。
紅葉がちょうど見頃で太陽が出ていたらどんなに美しかったことか。
そして風雨の為、ダンナさんは楽しみにしていたfly fishingも出来ず、私もとっても残念でした。
でも久しぶりに森の香りとパワーをもらってリフレッシュ!
知床ではサケの遡上を見ることも出来たし、温泉も良かったし。

さて、私たちが降りたのは"とかち帯広空港"。
あまり観光目的で降りる人達はいないような小さな寂しい空港。
そこの空港しかチケットが買えなかったからそこにしたんだけど、、、

一日目は空港から宿泊先の川湯温泉まで移動でほとんど終わってしまいました。
途中で立ち寄ったのはオンネトー。
湖面の色が刻々と変わるといわれる湖。
d0005157_1215434.jpg


午後4時をまわり少し暗くなり始めているので、ここからあと一時間くらいかかる川湯温泉へ急げ−!!

すると、、、
後ろ何やらチカチカと赤いものが。
はい、捕まりました。制限速度60kmのところ77kmの速度が出ていたと。
お会計、12000円也。
初日にこんなことになり、この日以降、制限速度をきっちりと守って道内を走ることになりました。
後ろからどんだけの車に追い越されたことか、、そしてうちの車を先頭にどんだけの車で連なってしまったか、、でもそんなのいいの。また12000円はキツいでしょう。

その日の夜は温泉に二度入り、源泉掛け流しの川湯の温泉はとっても良かったです。

2日目は朝からあいにくの雨057.gif

とりあえず屈斜路湖&摩周湖へ。
d0005157_12162075.jpg


d0005157_12163219.jpg


学生の頃行った摩周湖は見事に晴れ渡り、湖の全景がくっきりと見られとてもキレイでした。
それを見てしまった私たちは婚期が遅れると話したものです。
今回は霧で神秘的というか雨雲でドンヨリといった景色。しかも風が強く寒かったです。
1度目に見た晴天でキレイな摩周湖が好き。

こちらはキンムトーと呼ばれる秘沼。摩周湖と屈斜路湖の間にある林道ダート11kmの途中にある沼。
d0005157_12241464.jpg


そこにいた背中が凹んでいる昆虫をおぶさる昆虫。
d0005157_12251694.jpg



良い川が見つからず、仕方ないのでラーメン屋さんに。
このへんではカップ麺が作られる程有名店だったようです。
普通に美味しかったです。弟子屈ラーメン。
d0005157_12285447.jpg



地球が丸く見える!と言われる"開陽台"
まーるいどころか遠くまで見渡すことが出来ず、これまた残念。
仕方ないので寒いけどはちみつソフトクリームを。
☆うまっ☆
d0005157_12323738.jpg



2日目の夜も同じ旅館。昨日はいまいちだったけど、この日の夕食は美味しかったよ。特に牛肉が。やわらかくってバターと醤油味のタレが合うんだ〜。
d0005157_12345928.jpg



3日目は川湯温泉→知床→釧路 というかなりの移動時間を要する予定。
出発は朝の7時。天気は予定通りの雨というか大雨057.gif057.gif
F.Fは諦めるとしても、サケの遡上は見たい。
そして知床でいくら丼が食べたい。
走ること2時間半。
雨は相変わらず降っているけれど、知床の山の紅葉は見事でした!!
やっぱり天気が良ければ、、、と悔やまれてなりません。天気のバカバカ〜〜。
本当なら山に入りヒグマに遭遇にドキドキヒヤヒヤしながらFFの予定だったのに。
熊避けの鈴は今回一度も使いませんでした。

そんな山々を横目で見ながら、遠音別川に到着。
特にここでサケの遡上が見られますよー的な看板はないけれど、周辺には車が結構停まっているし、海側で鮭を釣る多くの釣り人がいるのですぐに分かりました。
生まれた川に産卵をしに戻る鮭。その前に海で釣り人に釣られてしまうなんて、、ちょっと可哀想な気がするけど。ここから川を遡上し、無事産卵を終えることが出来るのはどのくらいいるんだろうね。たくさんの試練を乗り越え(人間、ヒグマ、滝などなど)、そして最後には死んじゃうんだもんね。川には死んだ鮭もたくさんいました。
d0005157_12501930.jpg


d0005157_1256233.jpg



ウトロ漁港に行って目指すは"ウトロ漁港婦人部食堂"
食べログでも高得点を取っている、おばちゃん3人がやっている食堂なんだって。
ウニはもう季節ではないので食べることが出来なかったけど。
いくら&鮭の親子丼を食べました。普通に美味しい。けど、鮭が焼いてほぐした物だったのが残念でした。おまけに鮭の煮物をいただきましたが、これが一番美味しかったかも。
丼ものじゃなくって、ホッケ定食とかにしておけば良かったのかな〜。
d0005157_1335995.jpg



ここで知床ともお別れ。
あとはナビに従って帯広へ向かうだけとなりました。
途中チミケップ湖にも行ってみました。そこへ行くのにジャリ道を走ることになるのだけど、景色が素晴らしいのだ。紅葉した森の中を走り、チミケップ湖に着くと観光地化されていないので静かで人がほとんどいない。
そこにたたずむ唯一のホテルがチミケップホテル。森の一部となったような雰囲気のホテルで、食事がまた美味しいらしいのです。
d0005157_13161047.jpg


d0005157_131623100.jpg



ここのホテルでは3頭のワン子を飼っているようで、その中の1頭が挨拶に雨の中出てきてくれました^^他の2頭は小屋から出る気配無し。
d0005157_13175525.jpg



最後の宿泊は帯広駅前。
結局地元の居酒屋さんに入ったのですが、もし興味があれば屋台で食べるのもいいかもね。
d0005157_13212345.jpg



最終日。
日頃の行いが悪いのか、昨日までの大雨が嘘のように晴天となりました。
でも今日は帰るだけだからもうどこにも行けないし。。

あーー、やっぱり天気が良ければと思わずにはいられない北海道、道東の旅でした。
飛行機から十勝平野と日高山脈。
d0005157_13233477.jpg



羽田に到着したら 嵐が出迎えてくれました。あの飛行機はいったいどこへいくのでしょう。
d0005157_13242757.jpg


[PR]
by yukicon-nyc | 2010-10-12 13:24 | +travel

'02〜'08のNY暮らし 旅大好き!!


by yukicon-nyc